チューリッヒ生命、オンラインセミナーを開催

Z世代に向けて
チューリッヒ生命保険株式会社は5月20日、去る2022年5月14日にオンラインセミナーを開催したと発表した。
これは若者の心身の健康を促進することを目的に、これからの社会を担うZ世代に向けて行われた。
「オリンピックアスリート×こころの専門家 10代、20代から意識すると劇的に変わる!人生に役立つ自分のこころとの向き合い方」と題されたセミナーは、ゲストスピーカーとして同社のスポンサードアスリートでカヌースラローム日本代表である羽根田卓也選手、元競泳日本代表の伊藤華英氏、そして子ども・若者のメンタルヘルス教育の専門家である国立精神・神経医療研究センターの研究員である小塩靖崇氏を招いて開催。
参加者がメンタルウェルビーイングを正しく理解し、これからも心身を健やかに保つための一助となるようにとアスリートたちのこれまでの経験や失敗談を交えながらディスカッションを行った。
メンタルウェルビーイング促進のために
チューリッヒ生命保険株式会社はグループとしてメンタルウェルビーイング促進に注力している。
オンラインセミナーはその取り組みのひとつとして行われたもので、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から「こころの健康」の維持がより重要視されるようになったことを受けて開催された。
ゲストスピーカーであるアスリートの体験談やこころの変化などを聞いた参加者からは、今後の生き方を前向きに捉える声があがった。セミナーは同社のYouTubeチャンネルにて配信されている。
チューリッヒ・インシュアランス・グループでは2021年9月に若者の心身健康を促進することを目的にユニセフと3年間のパートナーシップを締結しており、同社は今後もメンタルウェルビーイングの課題へ取り組んでいきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
チューリッヒ生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.zurichlife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)