損保ジャパン「ECプラットフォーマー専用保険」を開発

デジタルプラットフォームのトラブルを補償

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は、ECモールなどのデジタルプラットフォームのトラブルを補償する「ECプラットフォーマー専用保険」を開発したと2022年5月25日に発表した。

物品の取り引きに関するさまざまなトラブルを補償

今回開発された「ECプラットフォーマー専用保険」は、インターネット上で急速に増加している、ECモールなどデジタルプラットフォームにおける、物品の取り引きに関するトラブルを補償する保険だ。
同保険は、ECプラットフォームの取り引きに関して発生する損害を総合的に補償するもので、ECプラットフォームを保険契約者、消費者・事業者などECプラットフォーム利用者を被保険者として、ECプラットフォームを通じて行われた物品の取り引きに関するトラブルを補償する。
補償内容は、ECプラットフォームを通じて行われた物品取り引きに関して発生した物品の損壊や身体障がい、利益喪失など、さまざまなトラブルを補償してくれるもので、具体的な内容については、ECプラットフォームの実態にあわせてオーダーメイド方式で保険契約ごとに設計されるとのことだ。
損保ジャパンでは今後も、デジタル社会の健全な発展に資する保険・サービスの提供などに取り組むとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン プレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)