ソニー損保、太陽光発電設備「そらべあ発電所」の寄贈先を募集

「そらべあ基金」を通じて「そらべあ発電所」3基を寄贈

ソニー損保では6月1日から、太陽光発電設備「そらべあ発電所」3基の寄贈先を募集している。募集及び寄贈は「そらべあ基金」を通じて行われる。

募集概要

募集期間は、2022年6月1日(水)~8月31日(水)。応募書類は8月31日までに「そらべあ基金」に必着のこと。
応募資格は、幼稚園・保育園・こども園などの小学校就学以前の児童向け教育・保育施設で公立・私立は問わない。詳しい応募方法は「そらべあ基金」サイトを確認してほしい。
寄贈内容は、太陽光発電設備(太陽光パネル、パワーコンディショナー、室内モニター、工事費用一式等を含む)を1園につき1基。取り付け工事費用は、設置場所補強などの場合を除き無料である。
寄贈園には、そらべあ物語の紙芝居(1園につき1冊)と、そらべあ絵本(園児全員)もプレゼントされる。
選考結果の発表予定は2022年11月。設置時期は、2023年1月以降を予定している。
同社では2009年から、「そらべあ基金」を通じて全国の幼稚園・保育園・こども園に「そらべあ発電所」を寄贈するプログラムを運営。2022年3月まで合計31基の「そらべあ発電所」を寄贈し、今回、新たに3基の寄贈先の募集を開始した。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ソニー損保 ニュースリリース
https://from.sonysonpo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)