アニコム損保ら、『DENBA環境』におけるペットの健康維持に向けた共同研究を開始

食品やヘルスケアで活用されている『DENBA技術』
アニコム損保とアニコム先進医療研究所は6月7日、DENBA JAPAN、フローエンスと、『DENBA技術』を用いた『DENBA環境』下でのペットの成長・治癒の促進を検証する共同研究を行うと発表した。
『DENBA技術』とは、国内外で特許を取得したDENBA JAPAN独自の空間水分子活性技術で、低電位と低周波の空間を作り出すことで空間内の水分子を共振・活性化させるというもの。水を含む全ての生体に作用し、食品の鮮度維持、ヘルスケア分野で応用されている。
また、『DENBA環境』とは、『DENBA技術』を用いて構築された低電位・低周波の環境のことをいう。
『DENBA技術』をペットの成長や傷病の治癒に応用
今回、同社らはヒト分野の研究等から、『DENBA技術』はペットの成長や傷病の治癒にも応用できる可能性があると考え、『DENBA環境』下でのペットの成長・傷病の治癒促進に関する共同研究を行うこととした。
これにより、ペットの健康維持や、メカニズムの解明、同研究で得られる知的財産の取得を目指すとしている。
(画像はアニコム損保ホームページより)


▼外部リンク
アニコム損保 ニュースリリース
https://www.anicom-sompo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アニコム損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)