FWD生命「FWD医療」にがん診断給付金特約を新設

特定3大疾病給付金特約の保険料率改定も実施

FWD生命保険株式会社(以下、FWD生命)は、2022年7月2日より、無解約返戻金型医療保険「FWD医療」に「がん診断給付金特約」を新設し、特定3大疾病給付金特約の保険料率を改定すると発表した。

がん診断確定時などに給付金が受け取れる

「FWD医療」は「3大疾病だけじゃない。未知の感染症もトータルサポート」をコンセプトとした無解約返戻金型医療保険で、2022年1月4日より販売されている。
入院日数に応じた給付金が受け取れて、日帰り入院から保障してくれる点が特徴だ。また、特定3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)に手厚く備えられる特約や、新型コロナウィルス感染症など所定の特定感染症と診断された際に一時金が受け取れる特約など、特約・特則により保障を拡充させることができる。
今回新設される「がん診断給付金特約」は、がんと診断確定されたとき、またはがんの再発・転移が認められたときや、所定のがん治療のための入院または通院時に、通算限度なしで1年に1回を限度に給付金が受け取れる。
「FWD医療」の詳細については、FWD生命ウェブサイトに後日掲載予定の「パンフレット」などより確認できる。
(画像はFWD生命 ホームページより)


▼外部リンク
FWD生命 ホームページ
https://www.fwdlife.co.jp/
FWD生命 プレスリリース
https://www.fwdlife.co.jp/-/media/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:FWD生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)