東京海上日動、マネーフォワードと保険の理解度向上に繋がるWebサービスの開発へ

顧客に合った保障をわかりやすく

東京海上日動は6月13日、保険の理解度向上に繋がるWebサービスをマネーフォワードと共に開発すると発表した。
近年は、加入すべき保険を正確に判断することが難しくなっている。このため同社では、顧客に合った保険をわかりやすく届ける取り組みを推進している。
今回、これを更に推進しようと、マネーフォワードと共に新たなWebサービスの開発を目指すこととした。
同サービスの利用により、顧客は保険への理解をより深めることができる。また、代理店のAIを活用したアドバイスにより、より自身や家族に適合した保険に加入しやすくなるとしている。

クイズやリスク診断を実施

同Webサービスの開発において、マネーフォワードの専門チームが情報取得の手段などについて調査を行った。そこで、「保険の理解度確認クイズ」 や「自身と家族のリスク診断」を通じて、保険に対する理解度をあげていく意向だ。
「保険の理解度確認クイズ」では、保険の内容に関する様々なクイズを出題。これに回答することで、ゲーム感覚で自然と保険に関する理解度を深めることができる。
「自身と家族のリスク診断」では、Web上で家族構成、職業、居住形態、家計収支等の情報を入力すると、顧客や家族が抱えるリスクの種類、必要補償額を判定できる。これにより加入すべき保険を判断しやすくなるという。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動 ニュースリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
マネーフォワード プレスリリース
https://corp.moneyforward.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)