三井住友海上、林業者向け火災保険「フォレストキーパー」を販売開始

再造林等に必要な費用を補償

三井住友海上は6月27日、林業者向け火災保険「フォレストキーパー」の販売を開始すると発表した。
今回の「フォレストキーパー」は、自然資本、生物多様性の保全・回復に寄与する商品・サービスの第4弾。再造林等費用補償特約を付帯した企業財産包括保険で、従来の同社森林保険の補償対象外となっていた再造林等に必要な費用を補償する。

森林は重要な自然資本

森林は生物多様性や水資源の保全、土砂災害の防止などの機能を有する自然資本として保全される必要がある。
だが、火災等で罹災した場合は再造林の費用負担が大きいため再造林が進まない。また従来の同社森林保険でも再造林は補償の対象外となっていた。そこで今回の「フォレストキーパー」では、再造林費用を補償して再造林を促すこととした。
「フォレストキーパー」では、再造林のために必要な地こしらえ、苗木、植付けまたは下刈りに関する費用、防護柵等の設置・改良に関する費用、再造林のための路網整備費用、残存物の取壊し費用、取片づけ清掃費用、搬出費用等を補償する。
(画像は三井住友海上ホームページより)


▼外部リンク
三井住友海上ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2022/pdf/0627_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)