あいおいニッセイ同和損保、「cmap」が災害被害情報集約サイトの具体例に

リアルタイム被害予測ウエブサイト「cmap」

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下、あいおいニッセイ同和損保)は2022年7月6日、リアルタイム被害予測ウエブサイト「cmap」が、総務省消防庁が新たに策定した「大規模災害時の救助・捜索活動における関係機関連携要領」において、災害被害情報集約サイトの具体例として掲載されたことを発表した。
「cmap」は、台風や豪雨、地震による被災建物数や被災率を、市区町村ごとにリアルタイムで予測し、一般公開するウエブサイト。ハザードマップや避難先情報、SNS情報、気象庁による防災気象情報などが表示される。さらに、緊急情報の通知機能などを備えたアプリも公開されている。

関係機関と円滑に連携するための手引に紹介

「大規模災害時の救助・捜索活動における関係機関連携要領」は、全国の消防本部が、大規模災害時の救助・捜索活動や平時の訓練等で関係機関と円滑に連携するための手引として策定されたもの。2022年6月には消防庁から積極的に活用するようにとの通知が出された。
その中でcmapは、建物被害予測やSNS情報の速報性、スマートフォンなどで参照できる公共性などが評価され、救助・捜索活動の調整に必要な情報収集の場面で、災害の全体状況を把握する際のツールとして紹介されている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)