ソニー損保、ドローンにより迅速な損害調査と保険金支払いを実現

火災保険でドローンを本格活用

ソニー損害保険株式会社(以下、ソニー損保)は、火災保険について、ドローンの本格活用による迅速な損害調査と保険金支払いなどを、2022年8月より開始したと発表した。

事故発生から復旧までトータルサポート

ソニー損保は、屋根の損害状況を確認する際に、損害調査員や修理会社スタッフが屋根に上がる必要があり、損害確認に時間がかかってしまうことが多いことから、ドローンを活用した損害調査を開始した。
ドローンによる損害調査は、住まいの損害状況や顧客の希望に応じて実施され、人の目では確認が難しい位置や角度の損害箇所も含めて、迅速に損害確認を可能とすることで、保険金をより早く支払えるようになるとのことだ。
また、火災保険の補償の対象となる損害を受けた際には、希望するとソニー損保が提携する修理会社の紹介、保険金による修理会社への修理費用の支払いなどを行ってくれる「住まいの修理会社紹介サービス」が利用でき、住まいの復旧までをトータルにサポートしてもらえる。
ソニー損保の火災保険は、ネットならではの利便性や保障のカスタマイズ性などにより人気を伸ばしており、今回のサポート体制の強化などに加えて、今後もサービス拡充、利便性向上に努めるとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ソニー損保 プレスリリース
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)