大同生命、AIによる「見える化」で中小企業の経営課題解決へ

会議解析ツールでお客様対応を見える化

大同生命は9月14日、AIで産業のDXを支援する東京大学・松尾豊研究室発のスタートアップ「ACES」と、「中小企業の経営課題の解決支援」に取り組む共同プロジェクトを開始した。
同社では今回のプロジェクト開始に先行し、ACESのオンライン会議解析ツール「ACES Meet」を活用した「お客様対応の見える化」の実証実験を実施した。
実証実験では「視線の動き」「うなずき」「表情の豊かさ」などを定量評価。その結果を踏まえたロールプレイングの継続実施により、営業担当者の「お客様対応力」向上の効果が確認できたという。

将来的には事業承継に貢献

今回の共同プロジェクトでは、より多くのデータ分析・評価、機能追加により「ACES Meet」をさらに進化させ、より高い品質のお客様対応を目指す。
また、「ACES Meet」を中小企業向けサービスとして展開・進化させ、営業ノウハウの共有など「中小企業の経営課題の解決支援」に取り組む。将来的には、企業への個別サポートで「事業承継への貢献」も目指すとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
大同生命 ニュースリリース
https://www.daido-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)