損保ジャパン、気候変動への適応と企業のリスクマネジメントに関するオンラインセミナーを開催

防災減災・カーボンニュートラルへの取り組みを後押し

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は2022年9月27日、オンラインセミナー「気候変動への適応と企業のリスクマネジメント~これからの企業に求められること~」を開催する。
これは、最新の気候変動に関する情報を提供することで、防災減災・カーボンニュートラルへの取り組みを後押しし、企業の中長期的な企業価値向上や持続的な成長に貢献することを目的として開催されるオンラインセミナー。

ZOOMで開催、参加費は無料

損保ジャパンは、株式会社ウェザーニューズおよびSOMPOリスクマネジメント株式会社と、各社が蓄積した知見を相互に活用し、防災減災・カーボンニュートラルなど、気候変動や温暖化に関する社会課題を解決することを目的として、包括的な相互協力に関するパートナーシップを締結している。
今回、国立研究開発法人国立環境研究所の気候変動適応センター、副センター長である吉川圭子氏や、株式会社ウェザーニューズの常務執行役員である岩佐秀徳氏、SOMPOリスクマネジメント株式会社リスクマネジメント事業本部、事業開発部部長の末岡正嗣氏などが登壇し、気候変動に対する最近の動向から、COP27への展望を紹介するとともに、気候変動への適応において、企業のリスクマネジメントの観点でこれから求められる企業像について伝えるセミナーを開催する。
開催は2022年9月27日(火)の10時から11時30分まで。ZOOMを使用する開催で参加費は無料だが申し込みが必要となっている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン株式会社のプレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)