損保ジャパン、時間単位型自動車保険「乗るピタ!」保険料の値下げを実施

2022年10月1日(土)から保険料を引き下げ

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は、12時間単位で加入できる時間単位型自動車保険「乗るピタ!」について、2022年10月1日(土)から保険料を引き下げると発表した。

車を借りて乗りたいときにすぐ入れる

今回、損保ジャパンは、自動車保険「乗るピタ!」の「ライトプラン」について、2022年10月1日(土)以降を保険始期とする契約の保険料を引き下げる。
「乗るピタ!」は、半日単位で加入可能な自動車保険で、家族や友人の車を借りて乗るときなど、少しの間だけ保険に加入して車に乗りたいときに便利な保険だ。
同保険は最短12時間、最長連続7日までで申し込みが可能で、申し込みの手続きはスマートフォンから簡単にでき、車に乗る前、最短5分程度で手続きができる。
プランは、車両保険なしの「ライトプラン」、車両保険ありの「基本プラン」、車両保険と代車費用特約がある「安心プラン」があり、今回は「ライトプラン」のみ保険料が引き下げられる。
改定後の「ライトプラン」の保険料は、12時間の場合は650円、1日(24時間)は800円で、臨時被保険者に関する特約(オプション)をセットする場合は、12時間で1,000円、1日は1,200円となるとのことだ。
「乗るピタ!」の補償内容など詳しい情報については、商品情報ページより確認できる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
「乗るピタ!」商品情報ページ
https://www.hokende.com/company/jn/
損保ジャパン プレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)