あいおいニッセイ同和損保、移動手段に応じたポイントプログラムを自治体等向けに開発

位置情報から移動手段を自動で判別・可視化

あいおいニッセイ同和損保は9月20日、テレマティクス自動車保険のデータ活用ノウハウを活かして開発した移動手段に応じたポイントプログラムを、9月から自治体等に提供すると発表した。
同ポイントプログラムは、スマートフォンの位置情報等から、アプリ利用者の移動手段を自動で判別・可視化し、移動手段に応じてポイントを付与するというもの。
これにより移動手段を多様化し、カーボンニュートラルの促進や健康増進などの社会課題解決を目指すとしている。

プログラムの概要

今回のプログラムは、同社と連携協定を締結している自治体等に提供され、ニーズに応じて移動データの分析や提供プログラムのカスタマイズもできる。
プログラムを提供するアプリでは、スマートフォンの位置情報等から「徒歩」「自転車」「自動車」「電車」等の移動手段を自動で判別。
アプリ利用者は、自治体等から移動手段と移動距離に応じたポイントが付与され、ポイントをクーポン等に交換することができる。また、さまざまな社会課題解決に主体的に取り組めるよう、「お得感」や「楽しさ」も提供されるという。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)