日本損保協会、「飲酒運転ゼロへの啓発活動」に参画

福岡県にて
一般社団法人日本損害保険協会の九州支部は9月26日、「飲酒運転ゼロへの啓発活動」に参画したと発表した。
福岡県福岡市の海の中道大橋では2006年8月25日に3人の幼い子どもが亡くなる痛ましい事故が起きている。
この事故は飲酒運転が原因であり、同県ではこの事故を風化させることが無いよう、また飲酒運転撲滅の誓いを新たにする契機として、毎月25日を「飲酒運転撲滅の日」と定めている。
併せて、8月25日から31日を「飲酒運転撲滅週間」と定めており、県内各地でさまざまな啓発活動を実施している。
飲酒運転撲滅のため
一般社団法人日本損害保険協会が協賛している「TEAM ZERO FUKUOKA」は、福岡県、福岡県警、福岡市等の行政や企業、団体などが協力してスタートした飲酒運転撲滅活動である。
地元の西日本新聞の紙面を通じた呼びかけや啓発イベントの実施など飲酒運転ゼロに向けた啓発活動に取り組んでおり、今年は2022年8月28日に3年ぶりとなる市内での啓発活動を実施した。
2006年の事故からは16年が経過している。
福岡市内にも事故を知らない世代が多くなってきており、そのような背景から今年は事故を風化させないよう若い世代の参加しやすいイベントが開催された。
イベント会場では大学生たちが「飲酒運転ゼロ」の思いを伝え、来場者には「飲酒運転撲滅に向けた決意のメッセージ」を記入してもらうなど、福岡県民が一体となって「飲酒運転ゼロ」を誓った。
同法人では今後も行政や関係団体と連携し、飲酒運転撲滅のための啓発活動を行っていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
一般社団法人日本損害保険協会ニュースリリース
https://www.sonpo.or.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)