損保ジャパン、中小企業向け保険ビジネスマスター・プラスで3つの新商品を発売

10月14日発売

損保ジャパンは10月3日、中小企業向けのビジネスマスター・プラス(事業活動総合保険)にて、業界初となる「あんしん取引・マスター」、「子育て介護応援特約」、「シェアエコ特約」の3商品を10月14日から発売すると発表した。

3商品の概要

3商品のうちの「あんしん取引・マスター」では、取引先の倒産、または1か月以上の入金遅延による被保険者の損害を補償。回収不能となった売掛債権を、自己負担不要で支払限度額内の100%補償する。加入の際は、売上高と業種のみを申告するだけで、告知書の提出は不要。
「子育て介護応援特約」は、役員・従業員が出産、育児、疾病、介護等で休業した際の、被保険者が負担する社会保険料や求人・採用費用等を補償するというもの。
保険金は、休業期間が連続31日以上となった場合に支払われる。また、従業員が産前産後休業、出生時育児休業、育児休業を取得し、これらの休業期間を合算して31日以上となった場合にも保険金が支払われる。
「シェアエコ特約」では、シェアリングサービス通じて遊休資産を貸し出した際に発生したトラブルの紛争解決費用を補償。利用者による偶然の事故で被保険者の営業に損失が生じた場合の、利用者に対する損害賠償請求費用も補償する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパンニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)