東京海上日動と三菱UFJ銀行、TCFD開示支援サービス提供開始

グリーン・トランスフォーメーションの促進を支援

東京海上日動火災保険株式会社(以下、東京海上日動)と株式会社三菱UFJ銀行(以下、三菱UFJ銀行)は2022年11月11日、TCFD開示支援サービスの提供を開始すると発表した。
これは東京海上日動と三菱UFJ銀行が、日本における経済成長と環境保護を両立させ、カーボンニュートラルの実現や脱炭素社会へ早期に移行するために必要な変革(グリーン・トランスフォーメーション、以下、GX)の促進を支援するサービス・ソリューションの第1弾として提供するもの。

各企業の気候変動への取り組み開示をサポート

TCFDとは、「気候関連財務情報開示タスクフォース(Task Force ON Climate-related Financial Disclosures)」の略で、各企業の気候変動への取り組みを開示することを推奨している。
今回東京海上日動と三菱UFJ銀行は、「GX推進アドバイザリータスクフォース」を立ち上げ、両社から派遣されたコンサルタント人材や、東京海上日動が開発した「TCFD開示支援システム」を活用したコンサルティングサービスの提供を開始する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社、株式会社三菱UFJ銀行のプレスリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)