明治安田生命、「PRIDE指標」で最上位のゴールド受賞

6年連続にて
明治安田生命保険相互会社は11月11日、「PRIDE指標2022」で最上位のゴールドを受賞したと発表した。
「PRIDE指標」とはLGBTQなどの性的マイノリティに関する評価指標である。
2016年に策定されており、「行動宣言」「当事者コミュニティ」「啓発活動」「人事制度・プログラム」「社会貢献・渉外活動」の5つの指標で企業や団体を採点し、ゴールド、シルバー、ブロンズの3段階で評価がなされる。
同社は6年連続で最上位の「ゴールド」を受賞している。
特性に配慮するあたりまえ
明治安田生命保険相互会社では顧客、地域社会、従業員などの人権を尊重するとともに、事業を通じた人権課題に対する取り組みの推進に努めている。
そのなかで多様な人財が相互に受け容れられ、ひとりひとりがその能力を十分に発揮できる態勢を整えることに力を入れており、LGBTQへのいっそうの理解促進に向けて力を入れている。
例えば、保険商品において死亡保険金の受取人や契約者、代理請求人、第二連絡先などに同性パートナーを指定することが可能であり、また契約管理において顧客の要望を踏まえた性別を登録している。
併せて従業員に対してはLGBTQ専門相談窓口の設置や同性パートナーを配偶者とみなす運用の実施、性的指向および性自認の両方に関する啓蒙の実施などを行っている。
同社では受賞を通じて今後もLGBTQのみならず、さまざまな特性を持つ人々に配慮した取り組みの高度化を図っていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)