明治安田生命、川崎重工業を借入人とする「サステナビリティ・リンク・ローン」へ融資

サステナビリティ・パフォーマンスの達成状況で条件が変動

明治安田生命保険相互会社(以下、明治安田生命)は2022年11月30日、川崎重工株式会社(以下、川崎重工)を借入人とする、「サステナビリティ・リンク・ローン」に融資を行ったことを発表した。
「サステナビリティ・リンク・ローン」は、事前に設定されたサステナビリティ・パフォーマンス目標(以下、SPTs)の達成状況によって、金利などの条件が変動する仕組みになっている。
これを通じて借入人の取り組みや行動変容を後押しし、環境・社会面における持続可能な経済活動や経済成長を促進・支援することを目指すというもの。

「水素サプライチェーン構築」を目指す

川崎重工業は、2030年の達成を目指す将来像として、「エネルギー・環境ソリューション」を注力フィールドの一つとして挙げている。さらにその中心となる水素事業では、日本における水素インフラの普及に向けて「水素サプライチェーン構築」を目指し、同融資のSPTsに設定している。
具体的には、「2026年度までに商用化実証大型液化水素運搬船1隻の建造完了」および「2031年度までに日本への水素運搬可能量22.5万トン/年以上」を掲げている。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社のプレスリリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)