フコク生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

本社ビルの地下を利用
富国生命保険相互会社は12月2日、「すまいる・ぎゃらりー」を開催すると発表した。
「すまいる・ぎゃらりー」は2012年度より同社が実施している社会貢献活動のひとつで、全国の特別支援学校生徒の美術作品を展示している。
展示には同社の内幸町本社ビル地下2階の商店街壁面を利用しており、継続実施することで障がいのある子どもたちのアート制作を応援している。
また、「すまいる・ぎゃらりー」では新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策として、消毒液の設置、換気等に配慮している。来場者には併せてマスクの着用や咳エチケットへの配慮・協力を求めている。
福島県の生徒作品を展示
富国生命保険相互会社が開催する「すまいる・ぎゃらりー」は、全国の特別支援学校生徒の美術作品を展示する企画である。
今回は2022年12月9日から12月29日までを開催期間とし、福島県立猪苗代支援学校の生徒作品を展示する。商店街の開場時間は7時半から23時までで、日曜祝日は休館である。
また、作品の閲覧は同社の100周年特設ウェブサイトでも可能となる。
ウェブサイトでは過去の展示も閲覧可能であり、過去の展示スケジュールから見ることができる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
富国生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.fukoku-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:フコク生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)