損保ジャパン、日本産食品の輸出促進スキームを展開

SBIトレーサビリティと相互連携
損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は、SBIトレーサビリティ株式会社と相互連携し、日本産食品の輸出促進に貢献するための新たなスキームを展開することに合意したことを2023年2月7日に発表した。

輸出促進と安心・安全な食品購入を実現

損保ジャパンは、SDGsの浸透や、国内外での産地偽装といった社会問題に対応するため、SBIトレーサビリティとのAPI連携を通じた新たなスキーム構築によって、日本産食品ブランドの信用・信頼を高めることに貢献し、生産者の輸出、消費者の安心・安全な食品購入を手助けする。
今回、損保ジャパンの「MARINE My Page」とSBIトレーサビリティの「SHIMENAWA(しめなわ)」を連携することで、保険とトレーサビリティサービスの申し込みがデジタルでシームレスに完結可能となるとのことだ。
この連携により、輸出者は煩雑な手続きの簡略化を図れるとともに、輸入者は対象品目に合致した補償が付帯された食品の入手がスムーズになるとしている。
損保ジャパンとSBIトレーサビリティは今後、サービスの適用範囲を拡大し、食品品目ごとの専用保険拡充や、食品以外の製品の専用保険開発なども検討しているとした。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン プレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)