メットライフ生命、親子を対象とした環境教育プログラムの参加者を募集中

8月21日、新宿中央公園で開催

メットライフ生命保険株式会社(以下、メットライフ生命)と公益社団法人日本環境教育フォーラム(以下、JEEF)は2023年8月21日、寄付講座「メットライフ財団ネイチャーアカデミー2023『足もとの自然から考える生物多様性~ちょびひげ博士と考える いきもの同士の不思議なつながり』」を、新宿中央公園で開催する。
これは、子どもたちに自然環境とふれあう機会や場を提供することを通じて、環境への意識向上につなげることを目的としたもの。午前・午後の2回開催で、各回10組20名、合計20組40組の参加親子を募集している。

午前・午後の2回、それぞれ10組20名の参加親子を募集

メットライフ生命とJEEFは、メットライフ財団からの支援により、「100年後に生きる子どもたちに感謝される森づくり」プログラムに取り組んでいる。今回行われるのは同プログラムの「環境教育」として行われるもので、昨年に引き続き2回目の開催となる。
開催は2023年8月21日(月)、午前の部は10時30分から12時30分、午後の部は14時から16時で、会場となるのは東京都新宿区にある新宿中央公園およびエコギャラリー新宿。
小学生の子どもとその保護者を対象としており、午前・午後の各回について先着順で10組20名を定員としている。参加費は無料。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
メットライフ生命保険株式会社、メットライフ財団、公益社団法人日本環境教育フォーラムのプレスリリース
https://www.metlife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:メットライフ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)