皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

新米社員が行く!いまさら聞けない保険のあれこれ。

千里中央コンサルティングプラザ

5

Cross Talk

先輩コンサルタント:市場(いちば)

先輩コンサルタント:市場(いちば)

マナブの先輩コンサルタント。
豊富な経験があるエースコンサルタント。面倒見もよく、マナブを後継者として育てようとしている。

入社2年目 新米社員:マナブ

入社2年目新米社員:マナブ

学資保険を選ぶ前に…。

  • 市場先輩!
    親戚から学資保険の相談を受けたのですが、子どもが7歳なので、希望している学資保険に入れないそうなんです。何か方法はないでしょうか?

  • 学資保険の相談はよくあるから、マナブくんがそれじゃ困るんじゃないか?
    しっかり勉強するんだぞ。

  • はい、すみません…。

  • まぁいいよ。
    ところで学資保険が本当に必要か話してみたかい?

  • え?どういうことですか?

  • 基本的な話かもしれないけど、ご親戚はお子さまに大学進学を望まれているかな?
    お子さまが将来どんな進路を選ばれるのかをある程度想像した上で、教育資金の準備をすることが大切だよ。

  • そこまでは考えませんでした!

  • そういうお話をある程度聞いた上で、学資保険以外の方法を考えてみるんだ。
    お子さまが7歳でも加入できる学資保険もあるけど、教育資金の準備ができるのは学資保険だけじゃないだろ?
    貯蓄性のある積立型の終身保険を使うのが良いことだってあるし、保険は使わず預貯金をしている方が良いかもしれない。場合によっては、一家の大黒柱の万一の際の保障を、定期保険などで充実させる方を優先するべきかもしれない。ご家庭の事情をよく聞いて、それに応じて決める方が良いんじゃないかな。

  • そうですね。
    進学先の学校として国公立だけを選択するのか、私立も選択肢に入れるのかで必要な教育資金も変わってきますからね。

  • そうだね。
    国公立だけで大学まで卒業したとして、必要な教育費はおよそ1,000万円、すべて私立だとおよそ2,500万円といわれているからね。

  • 改めて考えるとすごい金額ですね!

  • この金額を学資保険だけで準備することはそもそも難しい話だから、あくまで保険は教育資金準備の選択肢の1つであることも理解しておいてほしい。

  • はい、わかりました!!
    いろいろな情報を知っていると選択肢が増えますね。

  • そうだね。例えば、こんな考え方もできるよね。
    学資保険で毎月2万円の積み立てを考えていたとして、この2万円を積み立てせずに教育資金として活用するんだ。

  • え、積み立てで貯蓄しようと思っていたのに、しないんですか?

  • 例えばだけど、貯蓄ではなく教育に投資するんだ。
    大学に進学するとき、とても優秀な学生であれば奨学金の給付や、特別奨学生として授業料の減額や全額免除を受けることができたりするだろう?

  • はい、聞いたことがあります。

  • その特別奨学生になってしまえば、大学でかかる教育費は一気に減るよね。
    だから最初からそこを目指して、お子さまが教育を受けるための資金として使うんだ。
    あとは一家の大黒柱に万一のことがあったときのことを考えて、念のため最低限必要な教育資金分を、定期保険で保険料を抑えながら準備するとかね。

  • なるほど!
    貯蓄するのではなくて、必要な教育費の総額を抑えるために、早いうちからお子さまに教育投資するわけですね!!
    プラス、万一のことに備えて、保護者に死亡保険もかけておくんですね!

  • もちろん貯蓄性のある保険を使って教育資金の準備をすることも大切だと思うよ。
    もし保険を使って教育資金の準備をすることを考えるなら、積立型の死亡保険でプランを組むのが良いんじゃないかな。
    中でも、低解約返戻金型の終身保険を使って教育資金の準備をすることをおすすめするね。
    死亡保険は契約者に万一のことがあった場合、支払った保険料と比較して、大きな金額の死亡保険金が受け取れるからね。

  • なるほど。
    確かに学資保険は契約者に万一のことがあったとしても、保険料払込は免除される(※)ものの、死亡保険金はないですしね。

  • そうだね。
    それに、それだけじゃなくて終身保険を使って準備すると、教育資金として積み立てた資金を使わなかった場合は、据え置きしておくこともできるからね。

  • 据え置きしておけば返戻率が増加して、手元に戻ってくる金額を増やせますね!
    それに一部だけ解約して解約返戻金を受け取り、残りは据え置きしておくというような使い方もできると思います。

  • そうなんだよ。
    ただ保険料の支払期間中(積立期間中)に解約しちゃうと、元本割れするリスクがあるから、それには注意しないといけないね。

  • 要するに途中でやめなければいいんですよね。

  • そういうことだね。
    教育資金の準備を考えるときは学資保険に注目しがちだけど、考え方次第で他の保険を活用する方法もいろいろあるんだ。
    また、保険だけで備えるのではなく、預貯金をすることも大切だしね。

  • わかりました!
    もう一度親戚に、子どものライフプランをどのように考えているのか、本当に学資保険が必要なのかということや、「低解約返戻金型終身保険」を活用する話もして、最適なプランを一緒に考えてみます。

  • がんばれよ!

  • はい!
    ありがとうございました!!!

  • ※この仕組みのない学資保険もあります。


合わせてチェックする!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

メルマガ登録をして保険市場がご案内する各種コラムの更新情報やお得なキャンペーン情報を受け取ろう!

メルマガご登録はこちら

ご登録アドレスは大切にお預かりし、保険市場メールマガジンの配信にのみ利用します。

閉じる

保険を決める前に知っておきたいこと 新着コラム

店舗で保険のプロに無料相談!

全国312店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年10月17日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲