<運営>
株式会社アドバンスクリエイト

当日予約OK!お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-318 平日9:00~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

保険のご相談見直しはプロにお任せください!

保険の相談をご希望の方は、お近くの店舗・窓口にお越しください。
日本全国にある「保険市場 コンサルティングプラザ」と「協力店」で、じっくりご相談いただけます。

全国313!
エリアから
保険相談できる
店舗・窓口を検索
日本地図
岩手県 秋田県 宮城県 山形県 茨城県 千葉県 栃木県 長野県 群馬県 新潟県 埼玉県 東京都 神奈川県 山梨県 静岡県 富山県 岐阜県 福島県 愛知県 石川県 北海道 福井県 三重県 奈良県 和歌山県 滋賀県 青森県 大阪府 京都府 鳥取県 岡山県 島根県 広島県 山口県 高知県 香川県 徳島県 愛媛県 福岡県 大分県 宮崎県 熊本県 佐賀県 鹿児島県 沖縄県 兵庫県 長崎県
▼九州・沖縄地方
▼中国地方
▼甲信越・北陸地方
▼東北地方
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
▼関東地方
▼東海地方
▼四国地方
※保険市場 コンサルティングプラザ 12店・協力店 301店・取扱保険会社数 83社(2017/5/25現在)

訪問相談
サービス

選択できない都道府県でも
訪問相談サービスなら
全国どこでも対応可能!

保険市場 コンサルティングプラザの5つのメリット

メリット1

気軽にお越しいただける
立地にございます

保険市場 コンサルティングプラザは、都市の公共交通機関に隣接した「ランドマーク」ビル内にございます。お仕事帰りに、お買い物ついでに便利な立地です。

保険市場 コンサルティングプラザの写真
メリット2

ゆったりと
ご相談いただけます

お客さまのプライバシーに配慮したスペースでご対応させていただきます。
コーヒーやジュース等のお飲み物のご用意もございます。ぜひ、お気軽にお越しください。

保険市場 コンサルティングプラザの写真
メリット3

お子さま連れでも安心して
ご相談いただけます

お子さまが安心して遊べる「キッズスペース」、さらに「授乳室」や「おむつ交換スペース」もございますので、お子さま連れのお客さまもゆっくりとご相談いただけます。

保険市場 コンサルティングプラザの写真
メリット4

なんと言っても
国内最大級の
取扱保険会社数!

取扱保険会社数は 83社(2017/5/25現在)にのぼり、数多くある保険商品の中からお客さまの多種多様なニーズに応じた商品を適切にご提案いたします。

保険市場 コンサルティングプラザの写真
メリット5

保険の知識が豊富な
人材が多数常駐!

しっかりとした教育を受け、お客さまに喜んでいただける豊富な知識を持った社員をすべての店舗に配置しており、万全の体制でお客さまのご来店をお待ちしております。

保険市場 コンサルティングプラザの写真

全国にある保険市場 コンサルティングプラザ全国にある保険市場コンサルティングプラザ

ご自分にあった相談方法をご選択ください。

お電話で相談

お電話で相談

保険の選び方や申込方法、保険の見直しや契約済みの保険についての相談もお受けしております。保険市場には、お客さまの声にお応えする保険のプロがいます。なんでもお気軽にご相談ください。

0120-816-318

平 日 9:00~21:00
土日祝 10:00~18:00(年末年始を除く)

メールで相談

メールで相談

困ったときはいつでも時間を気にせずに、メールをお送りいただけます。電話では聞きにくいことがある方やご自身のペースで相談されたい方におすすめです。

メール文に相談内容を簡単にご記載ください。

  • (例1)子どもが生まれるので、学資保険の相談をしたいです。
  • (例2)今の保険で大丈夫なのか、見直しすべきか相談したいです。
  • (例3)将来の備えが不安です。年金について相談したいです。
同意してメールを送る
ウェブテレビで相談

ウェブテレビで相談

「お店に行く時間がない」「小さい子どもがいる」「近くに相談できる店舗がない」そんなお客さまにも、ご自宅でお店と同様にご相談いただけます。
パンフレットの見方から商品のご提案まで、実際に「顔」を見ながら「情報」をお伝えします。

ウェブテレビで相談

ファイナンシャルプランナーが語る!「保険の本当の話」

保険についてのご相談は多岐にわたります。中でも多く寄せられる内容や保険選びに役立つ情報を、保険のプロであるファイナンシャルプランナーが、コラムで解説いたします。気になるコラムをお読みいただき、あなたのお悩みの解消にお役立てください。

ファイナンシャルプランナーが語る!「保険の本当の話」 ファイナンシャルプランナーが語る!「保険の本当の話」

01

ライフステージごとの保険選びのポイント

人生を生きていくにあたり、独身時代、結婚したとき、子どもが生まれたとき、住宅を購入したとき、退職したとき等、ライフステージはさまざまな変化をしていきます。

人間が子どもから大人に成長していくにあたり食べ物や着る物が変わっていくように、保険についても最適な保障を保ち続けるためには、ライフステージの変化に合わせて保障内容や保障額の見直しをしていく必要があります。

例えば死亡したときにもらえる死亡保障。死亡保障は残された家族の生活費や住居費、子どもの学費負担に備えるために加入します。結婚・子ども・住宅の有無、子どもの数や残された人生の年数によって必要な保障額は大きく変わってきます。

また、ライフステージが変化しても変わらない物もあります。
例えば葬式代といった死後整理資金を目的とする終身保険や、入院費の備えとして加入する医療保険、がんへの備えとして加入するがん保険はライフステージの変化により家族の形や年齢が変わっても、変わらずに必要な保障になります。

以下ライフステージごとの保険について簡単にまとめてみました。

独身時代

生きている間の保障として入院やがんに備える医療保険やがん保険への加入を検討するといいでしょう。特別な事情がない限り、大きな死亡保障は必要ないかもしれません。収入に余裕があれば、個人年金保険による老後資金への備えを検討してもいいでしょう。

結婚したとき

共働きの場合は生きている間の病気への備えとしてお互いに医療保険やがん保険を検討するといいでしょう。奥様が専業主婦の場合はご主人の万一の場合に備え、奥様のその後の生活を補うための死亡保障を検討しましょう。

子どもが生まれたとき

死亡保障について一番検討しなければならない時期です。万一があった場合に残されたお子さま、奥様のため、死亡保障についてしっかりと準備してください。併せてお子さまの教育費のための学資保険も検討しましょう。

住宅を購入したとき

住宅を確保したため、ご主人様に万一があった場合の住居費負担がなくなります。死亡保障を減らせる可能性があるので見直しをするといいでしょう。

退職したとき

既にお子さまが独立されているのであれば、葬式代に備える死亡保障と老後の医療負担に備える医療保険やがん保険について検討しましょう。

保険は加入するときも大事ですが、それを管理していくことの方がもっと大事です。常に最適な保障内容に調整することでより効率的で安心した保険となります。
ライフステージに変化があったら、是非保険の見直しを検討してみてください。

コラム執筆者プロフィール
山本 俊成の写真
山本 俊成(ヤマモト トシナリ) (マイアドバイザー.jp®登録)

ファイナンシャルプランナー。大学卒業後、株式会社三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入社。
2003年、外資系生命保険会社入社。2005年、総合保険代理店株式会社ウィッシュ入社。
2010年、株式会社ファイナンシャル・マネジメント設立。
銀行と保険会社に勤めていた経験を活かし実務的なコンサルティングを行う。

  • ※この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※本記事は、2012年06月15日に掲載された記事です。そのため、記事内容は掲載日のものであり、現在と情報内容が異なっている場合がございますので、本記事の閲覧・利用等に際しては、ご注意ください。

ご自宅でも保険の相談が可能です!

訪問相談
サービス

何度でも!相談無料

全国47都道府県、対応!

ネットでカンタン予約

こんなお客さまには、訪問相談サービスが便利です。

case1

お仕事などで時間の都合が合わず、希望の日時にお店の予約が取れない方

case2

小さなお子さまをお持ちで、なかなかお店に行けない方

case3

ご自宅での介護などによって、長時間ご自宅を離れることが難しい方

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲
チャットで質問する チャットで質問