皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00 
土日祝10:00~18:00
(年末年始を除く)

相談する

生命保険(死亡保険)

人気の生命保険(死亡保険)ランキング

生命保険(死亡保険)の中で、主要な保険種類ごとの人気ランキングをご紹介します。

生命保険(死亡保険)を保険料で比較

カテゴリを選ぶ
年齢・性別を選ぶ

生命保険(死亡保険)
とは

「生命保険」は、広義には死亡や病気、ケガ、介護など、人の生命・身体に関するリスクに備える保険全般を指します。中でも代表的なものが、被保険者が死亡したときに保険金が支払われる死亡保障の保険(=死亡保険)で、このような保険を指して「生命保険」と呼ばれることもあります。
生命保険(死亡保険)には、一生涯にわたり保障が続く「終身保険(終身死亡保険)」や、保障期間が決まっている「定期保険(定期死亡保険)」などがあります。

生命保険(死亡保険)の商品一覧

保険会社から生命保険(死亡保険)を選ぶ おすすめ

保険市場では、2669商品の生命保険(死亡保険)を取り扱っております。保険会社から商品をお選びいただく際にご参考ください。

生命保険(死亡保険)の取扱保険会社一覧

死亡保険の選び方

死亡保険を選ぶ際、押さえておきたいポイントがいくつかあります。そのなかで、簡単なようで難しいのが、「いくらの死亡保障額が必要なのか?」ではないでしょうか。年齢、家族構成やライフスタイルなどによって異なりますが、あなたの必要な保障額はいくらでしょうか?まずは、必要保障額の考え方・算出方法からみていきましょう。

生命保険っていくら必要なの?必要保障額の考え方・算出方法

必要保障額の算出

保険料の相場

生活をしていくなかでは、食費や光熱費など欠かせない支出がいくつかありますが、生命保険料も欠かせない支出のうちの一つです。できるだけ、保険料の支出は抑えたいと思う方も多いでしょうが、実際に、みなさんはどのぐらいの保険料を支払っているのでしょうか?

1年間に支払う保険料の平均額は男性:23.4万円、女性:16.8万円!

1世帯あたりの1年間に支払う保険料の平均額は38.2万円!

死亡保険の種類

死亡保険に加入する時は、具体的にどの種類の死亡保険に加入するのかを選ばなければなりません。なかには、「死亡保険の種類」と聞くと、難しいと思う方もいるのではないでしょうか?
しかし、死亡保険の種類は昔から変わっておらず、基本的に3種類しかありません。この3種類の違いをしっかりと押さえておくことで、自分に合った死亡保険を選ぶことができます。

死亡保険は基本的に3種類

掛け捨てvs貯蓄性!定期死亡保険と終身死亡保険の違い

死亡保険に加入する場合、掛け捨ての定期死亡保険に加入するのか、それとも貯蓄性のある終身死亡保険に加入するのかを迷われる方も多いと思います。今から25年以上前であれば世の中の金利も高かったため、終身死亡保険の貯蓄性も高かったのですが、現在は世の中の金利が低くなったため、それぞれの違いをよく検討して加入する必要があります。

掛け捨て型商品と貯蓄型商品のどちらに加入したい?

掛け捨て型と貯蓄型とでは、支払う保険料はどのぐらい違うの?

貯蓄型は途中で解約すると元本割れをしてしまう!

保険期間と払込期間の違い

一般的に保険期間(保障期間)と保険料を支払い続ける期間(払込期間)は同じだと思われている方が多いのではないでしょうか?しかし、保険期間(保障期間)と保険料を支払い続ける期間(払込期間)が異なる生命保険もあります。少し複雑だと思われるかもしれませんが、支払い期間の違いを知ることにより、自分に合った保険料の支払い方法を選ぶこともできるのです。それぞれの特長・注意点も含めて確認してみましょう。

保険期間と払込期間とは?

死亡保険をご契約いただいたお客さまの声

保険市場にご相談いただいたお客さまの中から、死亡保険をご契約いただいたお客さまのご意見やご要望をご紹介いたします。

続きを見る>>

「お客さまの声」は、主観的なご意見・ご感想であり、価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてご活用ください。

AXA-023-181-004

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲