おかげさまで東証第一部銘柄に指定されました
0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

更新日:2016年8月15日

がん保険

 がん保険とは、がん治療のための経済的な備えに特化した保険です。主な保障として、がんと診断されたときに一時金で受け取れる「診断給付金」、入院したときに日数無制限で受け取れる「入院給付金」、がん治療のために通院したときに受け取れる「通院給付金」、がんの手術のときに受け取れる「手術給付金」があり、これらの保障を組み合わせたものや、さらに特約を付加したものなど、多種多様な商品があります。
 現在、がんの三大治療として挙げられる「手術」「放射線治療」「抗がん剤治療」の中で、放射線治療や抗がん剤治療は通院で行うケースが増えています。一時金で受け取れる診断給付金は、入院治療にも通院治療にも自由に利用でき、付加すべき保障のひとつといえるでしょう。
 これらを踏まえて、がん保険を選ぶ際には、ご自身の治療方針に合わせて保障内容を検討することが大切です。

がん保険を保険料で比較

カテゴリを選ぶ
年齢・性別を選ぶ

ファイナンシャルプランナーが徹底解説!がん保険に入る前に知っておきたいこと

がんの罹患率が上がる中、がん保険の加入者も増えつつあります。
では、がん保険に入る前に、どのようなことを知っておけばよいのでしょうか。
保険のプロであるファイナンシャルプランナーが、がん保険の基礎からその必要性までを徹底的に解説します。

がん保険のキホン!

「ありがとう」と言っていただける仕事を追い求め、身を粉にして働く独立系ファイナンシャルプランナーの長谷 剛史が、がん保険の基本を一から順を追って丁寧にお伝えいたします。

プロフィール

長谷 剛史 (ハセ タケシ)

(マイアドバイザー.jp®登録)

学校法人・会計事務所勤務を経て2007年1月、大阪府堺市に独立系FP事務所を開業。
ファイナンシャルプランナーはお金の専門家ではありますが、幸せな家庭を作る専門家でありたいと常々思っています。
住宅・資産運用・保険の3つの分野に強いファイナンシャルプランナーとして、ライフプランを基本とした個別相談・講演・執筆等の活動を行っています。

  • ※この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

ファイナンシャルプランナーが徹底解説!がん保険の選び方

がん治療の進歩に対応できるように、さまざまながん保険が販売されています。
では、がん保険を選ぶ際には、どのような点に注目すればよいのでしょうか。
保険のプロであるファイナンシャルプランナーが、がんの治療費から保険選びのコツまで徹底的に解説します。

がん保険を選ぶコツ

ライフプラン提案総数2,000件超!お金の悩みを「源」から整理し、あらゆる年代の相談に対応するベテラン ファイナンシャルプランナー市田 雅良が、経験から導き出したがん保険の考え方を公開いたします。

プロフィール

市田 雅良 (イチダ マサヨシ)

(マイアドバイザー.jp®登録)

1999年、ファイナンシャルプランナーとして独立。
資産運用、相続対策、生命保険の見直しなどの分野でセミナーや相談業務を行う。
FP相談としては年200件超のライフプラン提案を行っている。
また、日銀が支援する金融広報アドバイザーとして金融教育の普及に携わり、「KIDSマネー教育」、「生活経済セミナー」などで活動中。

  • ※この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

ファイナンシャルプランナーが徹底解説!がん保険の選び方の監修は

銀行、保険会社の勤務を経てファイナンシャルプランナーへ!金融商品を知り尽くし、コンサルティング力を誇る山本 俊成が、実務で得た知識を総動員して、執筆者とは異なる視点でコラムを徹底的にチェックいたします。

プロフィール

山本 俊成 (ヤマモト トシナリ)

(マイアドバイザー.jp®登録)

ファイナンシャルプランナー。
大学卒業後、株式会社三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入社。
2003年、外資系生命保険会社入社。
2005年、総合保険代理店株式会社ウィッシュ入社。
2010年、株式会社ファイナンシャル・マネジメント設立。
銀行と保険会社に勤めていた経験を活かし実務的なコンサルティングを行う。

がん保険についてよくあるご質問

がん保険の基礎知識が知りたい

がん保険は言葉のとおり、がんの治療に対する保障に特化した医療保険のひとつです。… >>続きを読む

がん保険は必要?

かつて、がんに罹患する人は3人に1人でしたが、近年では2人に1人と罹患者数が増え続けている「がん」。死亡率も病気の中でトップです。… >>続きを読む

がん保険の特徴は?

がん家系なのでがん保険を検討しています。加入するとすればどのようながん保険を選べば良いでしょうか?… >>続きを読む

甲状腺乳頭がんの治療はどのくらい?

甲状腺乳頭がんは、甲状腺がんのうちの大半を占め他の種類に比べると比較的進行も遅くておとなしい性格で、治療できちんと治すことができるがんです。5対1くらいの割合で女性に多いがんというのも特徴のひとつです。… >>続きを読む

がん家系なのですが?

今回は、ご両親や親戚をがんで亡くされ、ご夫婦ともがん家系であると自覚し、がんへの不安をお持ちの方の事例をみていきましょう。… >>続きを読む

がん保険をインターネットで契約できますか?

こちらのコラムでは、ネット保険のがん保険、医療保険、生命保険等の「仕組み」と「ベースになる保障」について考えていきます。… >>続きを読む

がんになった際の、収入の減少に備えるには!?

日本人のうち2人に1人はがんになると言われています。そして今は医療技術の進歩によりがんによっては、治療後の生存率が高くなりました。… >>続きを読む

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは主治医の治療方針は妥当なものなのか、他に方法はないのかを主治医以外の医師に意見を聞くことです。例えば開腹手術を勧められた時に、本当に手術が最適な治療法なのか、他に選択肢はないのか、不安に思う場合があるかもしれません。そんな時にセカンドオピニオンを求めることで不安を和らげる効果が期待できます。… >>続きを読む

がん保険をご契約いただいたお客さまの声

保険市場にご相談いただいたお客さまの中から、がん保険をご契約いただいたお客さまのご意見やご要望をご紹介いたします。

続きを見る>>

「お客さまの声」は、主観的なご意見・ご感想であり、価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてご活用ください。

がん保険の関連情報

毎日の暮らしと隣り合わせにある病気やケガ。
風邪など身近な病気についての知識はあるけれど、入院が必要になりそうな病気の知識がほとんどなくて心配、という声をたくさんいただきました。
そこで、保険市場では寄せられたお悩みに関するお便りのひとつひとつについて、専門家である医師に回答いただきました。あなたの負担を少しでも解消するためのお役に立てれば幸いです。

父方、母方両方の3親等以内の親族にがんで亡くなった方が複数います。皆さん気付いた時にはすでに手遅れ、というレベルでした。
私自身も常に気を付けて検診も受けてはいますが、ごく初期でも何か自分で分かるようなサインはないのでしょうか?例えば、胃がんや大腸がんなどは全く無自覚のまま進行してしまうものなのでしょうか?

>>回答を見る

先日祖父が脳梗塞で倒れました。幸い脳梗塞は軽いもので、発見も早かったので大事には至りませんでしたが、詳しく検査してみると胃がんが発見されました。
ある程度進行したがんのようで、祖父は胃を全摘出する手術を受けました。がんを摘出したことにより、祖父は元気を取り戻し、今では以前より元気に過ごしております。
がんは遺伝するものとよく聞くのですが、わたしにも同じ部位に遺伝でがんができるものなのでしょうか?

>>回答を見る

28歳の女性です。先日、子宮頸がんの検診に行ったところ、「異形成」だと診断されました。
私にはパートナーがおり、1~2年後には結婚・出産を考えています。3カ月ごとに定期的に検診をして経過を追っていくように言われましたが、経過を追っていくうちに異形成が消失することもあるのでしょうか?
また、もしがん化した場合にはどのような治療が必要になるのでしょうか?その後、赤ちゃんを産むことはできるのでしょうか?

>>回答を見る

現在、第一子を妊娠中の30歳です。夫の母…

愛知県:とちおとめ♪さん(30)

現在、第一子を妊娠中の30歳です。夫の母がぼうこうがんに、私の母が卵巣がんになり、手術は成功したものの、転移の恐怖や、後遺症で苦しんでいます。
がんは遺伝するとも聞いたことがあります。実際のところ、生活習慣が異なっても遅かれ早かれがんは遺伝するのでしょうか?

>>回答を見る

祖父をがんで亡くしており、義父にもがんが見つかりました。医療の進歩により、かつては致命的だった他の病気などで命を落とすことが少なくなった分、がんになる確率はとても高いと思いますが、男女・年齢などで確率は違うものなのでしょうか?
がんの治療は昔と比べてだいぶ進歩していると聞きますが、治療で助かる人と助からない人の違いはありますでしょうか?また、治療にお金をかければかけるほど治りやすくなるものでしょうか?

>>回答を見る

私自身のことですが、30歳の時に卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)と子宮筋腫の開腹手術をしました。今は、不妊治療中です。
不妊治療しながらまた筋腫ができてしまったら、と不安になります。母や姉も子宮筋腫の手術をしていますが、子宮筋腫のできやすい家系なのでしょうか?
また、妊娠しても筋腫が邪魔をするということを聞いたこともありますが、そうならないために自分自身でできる予防法はありますでしょうか?

>>回答を見る

お医者さんに聞いてみよう!病気やケガのアレコレ

AFH243-2016-0263 8月10日(180810)

AXA-A1-1608-1725/849

AXA-023-167-043

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲