皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

バイク保険

バイク保険を今すぐ比較!

等級

排気量

保険料を比較

バイク保険人気ランキング

  1. 1位

    チューリッヒ

    見積り・申込み
  2. 2位

    アクサダイレクト

    見積り・申込み
  3. 3位

    三井ダイレクト損保

    見積り・申込み

保険市場 ネット申込件数調べ 2018年9月1日~9月30日

バイク保険を保険会社で選ぶ

  • チューリッヒ

    まさかのトラブルサポート。すべてのご契約者に充実のロードサービス
    新規のネット契約で保険料最大3,000円割引
    ※割引額は、年間適用保険料により異なります。

  • アクサダイレクト

    『決め手は、グッドバリュー、グッドプライスだった』
    アクサダイレクトのバイク保険では、ライフスタイルやバイクの使い方などによって、お客さまにぴったりの保険料をご提案します。

  • 三井ダイレクト損保

    【安心の事故対応を納得の保険料で!】~経験と実績で選ぶ通販型。三井ダイレクト損保~三井ダイレクト損保は三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社を中核とする「MS&ADインシュアランス グループ」の一員です。

バイク保険とは

バイクの所有者には、自賠責保険への加入が法律で義務付けられています。
しかし事故を起こしてしまった際、自賠責保険は他人の身体的被害に対しての補償のみ(1人あたり死亡:最高3,000万円、後遺障害:最高4,000万円、傷害:最高120万円までを限度)となっており、車やガードレールなどの「モノ」の損害に対する賠償や、自分の車やケガについての補償などは受けることができません。
万が一のとき、自賠責保険で補償されない部分を手厚くカバーする保険が【バイク保険(任意保険)】です。

バイク保険で補償される内容

  • 対人賠償保険

    バイクを運転中に他人を死傷させてしまい、法律上の賠償責任を負ったとき、自賠責保険の補償金額をオーバーする部分について、保険金が支払われます。

  • 対物賠償保険

    バイクを運転中に相手の車、自転車、家屋等、他人の財物を破壊させてしまい、法律上の賠償責任を負ったとき、保険金が支払われます。

  • 搭乗者傷害保険

    ご契約のバイクに乗車中の方が自動車事故で死傷されたとき、保険金が支払われます。

  • 人身傷害保険

    自動車事故で、ご契約のバイクの運転者や同乗者が、死亡されたり、ケガをされたときに、相手との過失割合に関係なく、設定した保険金額を上限に保険金が支払われます。
    この補償をつけると保険料は高くなりますが、万が一の事故の際に自己負担が無いので安心です。

  • 無保険車傷害特約

    事故の相手が保険に入っておらず、死亡もしくは後遺障害が生じた際に十分な賠償が得られないときに、また事故の相手の加入している保険金額では十分な損害賠償金を得られないときに、相手の負担すべき保険金が支払われます。

※説明は一般的なものであり、各社によって商品内容が異なる場合があります。

保険料にかかわる基礎知識

ノンフリート等級とは?

自動車保険では、保険料の割引や割増を表す基準に「ノンフリート等級」があります。
ノンフリート等級は、1から20までの数字で表され、保険料は等級と保険事故の有無の組み合わせによって決定されます。
初めてのご契約では6等級が適用されます。1年間無事故だと、翌年には1等級上がります。しかし、ご契約期間中に保険事故が発生した場合、保険事故の種類によって翌年に等級が3等級もしくは1等級下がります。
事故を起こさず高い等級を維持することが、保険料をお手頃に抑えることにつながります。

年齢条件とは?

運転する方の年齢範囲が高くなるほど、保険料が割安になります。
運転者の年齢条件を高く絞り込むことで、保険料を安くすることができます。運転される最も若い方の年齢を基準に、運転者の年齢条件をご選択ください。

バイク保険 よくある質問

  • バイクの種類によって保険料は変わる?

    バイク保険の場合、その種類(二輪自動車・原付自転車)によって、対人賠償保険・対物賠償保険・人身傷害補償保険・搭乗者傷害補償保険の保険料が決められることになります。
    ちなみにバイク保険とは俗称であり、基本的には任意の自動車保険と同じなのですが、自動車とは異なり使用用途による保険料の違いはありません。

    車両保険については、「車両の型式」「初度登録年」「車両価額」により保険料が決まります。
    また、「ノンフリート等級」により保険料の割引率や割増率が決定されます。無事故を続けることにより1等級上がり、それに比例して割引率が増えていきます。

    運転者年齢条件も保険料に影響します。総排気量により、次のように分類されます。

    総排気量125cc以下 総排気量125cc超
    • ●全年齢担保
    • ●21歳未満不担保
    • ●全年齢担保
    • ●21歳未満不担保
    • ●26歳未満不担保
    • ●30歳未満不担保

    ※年齢条件区分等は、保険会社により異なる場合があります。

    排気量ごとの免許と違い

  • 改造したバイクでも保険に加入することはできる?

    バイクの所有者は、法律により自賠責保険に加入することとなっています。
    しかし、実際の事故のときに自賠責保険だけでは補償額を上回る場合がほとんどであり、同保険で補償されない対物賠償・搭乗者傷害などをカバーする意味でも、いわゆるバイク保険(任意保険)にも加入したほうがいいといえます。

    それでは、改造したバイクでも任意保険に加入できるのでしょうか。
    改造という場合、車検に対応した改造と違法改造(車検に対応していない改造)に分けることができます。車両検査に対応した改造の場合には、車検証の型式欄に「改(カイ)」と記載されます。

    違法改造を施したバイクの場合、保険会社では一般的に引き受けをしていません。
    また、車検に対応した改造の場合であっても、インターネットによる見積りや申し込みをすることはできず、保険会社(あるいは保険代理店)により引き受けが可能かどうかの判断を経ることが必要となります。

  • 原付バイクでも保険に加入する必要がある?

    原付バイクの所有者は、法律により自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)に加入することとなっています。
    自賠責保険とは、公道を走る自動車やバイク(※原付を含む)を所有する人は強制加入となっており、「強制保険」とも呼ばれています。交通事故の被害者が最低限の補償を受けることができるための、被害者救済を目的とする国の制度です。自賠責保険は、どの保険会社で加入しても補償内容は同じとなります。人身事故による損害賠償責任について支払われるものであり、物損事故は対象外となります。

    任意に加入する一般的なバイク保険は、強制保険に対して「任意保険」と呼ばれています。実際の事故のときに自賠責保険だけでは補償額を上回る場合がほとんどであり、同保険で補償されない対物賠償・搭乗者傷害などをカバーする意味でも、バイク保険(任意保険)にも加入する必要があるといえます。ちなみに、バイク保険とは俗称であり、任意の自動車保険と同じです。

  • 事故でケガをしても、治療費全額は補償してもらえない?

    もし事故の被害者になった場合、治療費や慰謝料、休業損害などは、事故の相手(加害者)が契約している保険会社から、対人賠償保険金で支払ってもらえます。
    でも被害者なら、損害額全額が受け取れると誤解されていませんか?受け取れる保険金は、自分の過失分を差し引いた額なのです。

    例えば、過失割合が8対2で、相手(加害者)の過失が8だった場合、損害額の80%を請求します。逆に相手の損害に対して20%を支払わなければなりません。つまり、受け取れる金額は相手の「過失割合」分だけなのです。

    一方的に相手にぶつけられたケースは別にして、たいていの事故では、お互いに過失があることがほとんどですので、対人賠償保険金では、全額支払われないと考えておいたほうがよさそうです。

    ただし、人身傷害保険に入っていれば、過失割合に関係なく保険会社から設定した保険金額を上限に全額を払ってもらえます。
    人身傷害保険はバイク(任意)保険に付けることができます。その分、保険料は少し割り増しになりますが、自己負担が心配な方は付けておくと安心です。

  • 弁護士法のしばりとは?

    「示談交渉」は、対人・対物賠償のときに保険会社が契約者に代わって行うサービスです。
    しかし、この「示談交渉」ができないケースがあるのです。
    どのようなケースかというと、自分が加入している保険会社に支払い責任が発生しない場合です。

    弁護士法第72条で、保険会社に支払い責任が発生しない場合は、保険会社は契約者に代わって、事故の相手方と「示談交渉」ができないというきまりがあります。
    その理由は、契約者が負担しなければならない損害賠償額について、保険会社には利害関係が無いからです。 支払責任が発生しないケースとは、以下のような場合です。

    「示談交渉」ができないケース
    ・相手方からの一方的な被害事故(相手方の過失割合100)の場合。

    このようなケースでは、自分で事故の相手、もしくは相手方の保険会社と直接金額の交渉をしなければなりません。
    もしも「示談交渉」が円滑に進まなかった場合は、弁護士に依頼したり、事故相談センターに相談したりすることになります。
    そんなときのために、「弁護士費用特約」でそなえる方法があります。
    一般的に下記の費用が保険金として支払われます。

    • ・弁護士報酬
    • ・訴訟費用
    • ・仲裁・和解もしくは調停に要した費用
    • ・法律相談料

    気になる「弁護士費用特約」の保険料は、年間で約2千円ほど(保険期間1年、一時払いの場合の保険料例です)。心配な方は、バイク(任意)保険にオプションで付けておくと安心ですね。

    ※保険会社により異なる場合がございます。

自賠責保険とは

自賠責保険は強制保険です。すべての自動車(含むバイク)は加入することを義務づけられています。
もし、未加入(期限切れ)で運転すると、法律により処罰されます。
自賠責保険に加入していないと、車検を受けられません。車検時には、車検期間をカバーする保険期間の自賠責保険に加入している必要があります。

自賠責保険もネットで契約! 自賠責保険の詳細はこちら
自賠責保険図

バイク保険に関する用語集

バイク保険を選ぶ際に、これだけは知っておきたい用語をご紹介します。 バイク保険に関する用語を正しく理解し、あなたにとって最適なバイク保険をお選びください。

  • 車両保険

    【読み方】しゃりょうほけん

    車両保険とは、自分の車が交通事故により損害を受けた場合に、その修理代を補償する保険のことをいう。車両保険は交通事故だけに限定されず、火災・台風・盗難・洪水・高潮などの災害により損害を受けたときも補償範囲に含まれる。車両保険では契約時に定めた保険金額を限度として保険金が支払われるが、車の損傷を修理することができる場合は修理支払限度額となってしまう。なお、車両保険の保険金額は、車種・初度登録時期・排気量などによって、自動的に設定範囲が決められるため、高額の車に低い保険金額を設定することはできない。ただし、設定金額には幅があるので、その範囲であれば自由に設定することができる。

  • 自損事故保険

    【読み方】じそんじこほけん

    自損事故保険とは、単独の事故や相手側に100%過失のない事故によって、補償の対象となる自動車(被保険自動車)の保有者・運転者・同乗者が、自動車事故により死亡、後遺障害またはケガを負い、自賠責保険で保険金が支払われない場合、最低限の補償をする保険をいう。対人賠償保険を契約した場合、自動的に特約として付帯される。被保険者の故意による事故、無免許・酒酔い・麻薬中毒等の状態での運転によって、その本人に生じた傷害や死亡などには保険金は支払われない。

  • 人身傷害補償保険

    【読み方】じんしんしょうがいほしょうほけん

    人身傷害補償保険(じんしんしょうがいほしょうほけん)とは、乗車中や歩行中に、自動車事故により死亡した場合やケガを負った場合などに保険金が支払われるものをいう。過失割合に関係なく、運転している本人や同乗者まで補償するのが特徴。保険金額は加入時に設定した金額を限度とする。例えば、自分の過失が大きいため保険金から過失分が差し引かれる場合であっても、人身傷害補償保険によって設定した保険金額の範囲内で損害額を補填することが可能となる。

  • 対人賠償保険

    【読み方】たいじんばいしょうほけん

    対人賠償保険とは、人を死亡・負傷させることにより法律上の損害賠償責任を負った場合、自賠責保険で支払われる保険金を超える部分に対して、保険金が支払われるものをいう。対人賠償保険における人には、歩行者・同乗者・相手の自動車の搭乗者などが含まれる。自動車事故による損害額は高額となることが多く、自賠責保険の死亡補償額を超える部分については加害者本人が支払わなければならない。その場合の不足分を補ってくれるのが対人賠償保険である。対人賠償保険では、加入時に設定する補償範囲は無制限にするのが一般的である。他人に対する保険であるため、運転者本人やその家族の傷害・死亡については補償されない点には注意が必要である。

  • 対物全損時修理差額費用担保特約

    【読み方】たいぶつぜんそんじしゅうりさがくひようたんぽとくやく

    対物全損時修理差額費用担保特約とは、対物事故による相手側の自動車の修理費が時価額を超えた場合に、相手側(被害者)が実際に修理をすることを条件に、修理費と時価額の差額部分について、自分の過失割合を乗じた額が保険金として支払われるものをいう。対物全損時修理差額費用担保特約は「対物全損特約」とも呼ばれる。修理費と時価額の差額部分については、50万円が限度とされる。事故日から6カ月以内に修理する必要があり、修理の完了について写真などにより確認できなければならない。

  • 対物賠償保険

    【読み方】たいぶつばいしょうほけん

    対物賠償保険とは、自動車事故によって他人の財物に破損・汚損・滅失などの損害を生じさせて法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金が支払われるものをいう。他人の財物とは、具体的には相手の自動車・建物・電柱などのことである。しかし、店舗など業務を行っている建物に損害を与えた場合、直接損害を与えた建物自体への賠償以外にも、営業損失や休業補償などの損害が発生する。そのため、損害額が高額となるケースも多い。そこで、対物賠償保険はこれらの損害も含めて補償がなされる。ただし、対物賠償保険では自分や家族の所有物については補償がなされない点には注意が必要だ。

  • 搭乗者傷害保険

    【読み方】とうじょうしゃしょうがいほけん

    搭乗者傷害保険とは、保険契約の対象となっている自動車に搭乗中の運転者や同乗者が、事故によりケガを負った、あるいは死亡した場合に保険金が支払われるものをいう。無免許運転や酒酔い運転などにより、正常な運転ができない恐れのある状態による事故で、自分の自動車に生じた損害や運転者自身の傷害のような、保険契約者が自ら招いた事故や、トラック荷台へ乗車した場合や窓から身を乗り出した状態など、違法な乗り方をしていた場合には保険金は支払われない。搭乗者傷害保険と関連する用語として「人身傷害補償保険」がある。人身傷害補償保険では、保険契約の対象となっている自動車の搭乗者全員のほかに、記名被保険者とその家族では契約対象車以外に搭乗した場合の事故、歩行中などの自動車事故も補償される点で、搭乗者傷害保険とは異なる。

  • 無保険車傷害保険

    【読み方】むほけんしゃしょうがいほけん

    無保険車傷害保険とは、対人賠償責任保険に加入していない、あるいは加入していても保険金額が不十分であるなど、十分な損害賠償資力を有していないほかの自動車との事故により死亡や後遺障害を被った場合に、被保険自動車の搭乗者に対して保険金が支払われるものをいう。無保険車傷害保険では、相手が負担すべき損害賠償責任の不足分について、保険金が支払われることとなる。支払われる保険金は、自分の加入する保険の対人賠償保険の補償額と同じである。ただし、無制限に設定した場合には、2億円を限度とする。

※説明は一般的なものであり、各社によって商品内容が異なる場合があります。詳しくは各社の重要事項説明書等をご確認ください。

このページのランキングは「保険市場」の取扱保険商品について、上記期間の申込件数に基づいて作成したものであり、保険商品間の優劣を意味するものではありません。
商品の詳細はパンフレットや契約概要等を、その他ご注意いただきたい事項は注意喚起情報を必ずご確認ください。
新商品の発売・商品改定においては、主契約の主な給付金に変更がない場合、ランキングの順位判定基準を引き継いで集計させていただいております。
またこのランキングは2018年10月21日時点での保険市場取扱商品のみの掲載となります。あらかじめご了承ください。

AT4122-186-3831

15m04

DA180307-2

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲