アドバンスクリエイトは
東証プライム市場に上場しております。
特設ページはこちら

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 9:00~21:00
(年末年始を
除く)

無  料プロに相談

【新型コロナウイルス】当社の対応につきまして

より安心な海外旅行を実現する、海外旅行保険の補償とサービス

より安心な海外旅行を実現する、海外旅行保険の補償とサービスのイメージ

新型コロナウイルス感染症の影響で、2年近く海外旅行を楽しめない状況が続きました。まだまだ気楽に海外旅行ができるとは言いにくい状況ですが、そんななか、感染対策をしながら、外国人観光客を受け入れる国もあります。

私が住んでいるオーストラリアも、2021年12月時点で、この月の15日から、日本のパスポートを持っている方は観光ビザでも入国ができるようになりました。入国に関しては細かな条件が設定されていますが、入国が可能になっただけでも大きな前進です。

2022年中にはコロナ禍前のように、海外旅行ができるようになることを切望しています。そのときのために、今回は海外旅行保険について見ていきましょう。

海外旅行保険とは

海外旅行保険とは、海外旅行のために、自宅を出発してから自宅に帰るまでの間に生じた損害を補償する保険です。国際線搭乗前に空港最寄りのホテルに1泊するような場合でも、補償の開始は自宅を出る日から設定するのが正しい方法になります。

海外旅行保険の補償内容

下記の表が海外旅行保険の大まかな補償内容です。保険会社によって定義が異なることや、扱う補償内容に違いがあることから、加入を検討する際は各保険会社の補償内容を必ずご確認ください。

海外保険の補償内容

補償内容 説明
傷害死亡・傷害後遺障害 傷害死亡
旅行行程中の事故でケガをして、死亡した場合に保険金が支払われる。
傷害後遺障害
旅行行程中の事故でケガをして、後遺障害状態になった場合に保険金が支払われる。
疾病治療費用・傷害治療費用 疾病治療費用
旅行行程中の事故で病気になり、医師の治療を受けた場合に保険金が支払われる。
傷害治療費用
旅行行程中の事故でケガをして、医師の治療を受けた場合に保険金が支払われる。
疾病死亡 旅行行程中に病気によって死亡した場合に保険金が支払われる。
入院一時金 旅行行程中のケガや病気で一定期間以上入院した場合に保険金が支払われる。
賠償責任 旅行行程中の事故により、他人の身体・財産に損害を与え、法的に損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる。
携行品損害 旅行行程中に、携行品が盗難・火災・損壊などの偶然な事故により損害を受けた場合に保険金が支払われる。
救援者費用 ケガや病気などにより自力で帰国できなくなった場合で、親族などの救援者が駆け付ける際にかかる費用が支払われる。
航空機寄託手荷物遅延等費用 航空機搭乗時、航空会社に預けた手荷物が遅延した場合に、やむを得ず購入した生活必需品や身の回り品の費用が支払われる。
航空機遅延費用 航空機が遅れて宿泊代・食事代などを自己負担した場合に保険金が支払われる。
旅行変更費用 被保険者や同行予定者などの死亡・危篤その他の発生による出国中止、または海外旅行を途中で取り止めて帰国した場合に保険金が支払われる。

資料:執筆者作成

海外旅行保険に加入すべき理由

旅行中の不慮の事故によって生じた、経済的損失を補償するのが海外旅行保険の目的ですが、私が加入をおすすめする本当の理由は、付帯サービスにあります

日常会話程度なら問題のない語学力の方でも、病院で行う医師との会話は難しいものです。病気やケガで弱っているときなので、不安はなおさらでしょう。

海外旅行保険を扱っている保険会社は、各地に日本語が通じる病院と提携していて、キャッシュレスで治療を受けられることが多いです。

24時間対応で日本語での電話サポートも行っていて、提携病院の予約などを依頼することもできる場合があります。事前に旅行先の提携病院の情報についても確認しておくと安心でしょう。

また、パスポートが盗難にあったときの手続きサポート、言語や文化が違う国でのトラブル回避のための情報提供など、困ったときの支えは、受け取る保険金以上に頼りになるものです

海外旅行保険加入時に気を付けたいこと

クレジットカードには海外旅行保険をサービスとして付帯しているものがあります。しかし、カードの種類によっては、旅行代金を当該カードで決済しないと海外旅行保険が有効にならない場合があるので確認が必要です。

また一般的に、補償期間が1旅行につき最長3カ月までとなっているようですので、その場合、長期の旅行には使えない点を覚えておいてください。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用の場合、補償金額も低めに設定されていることが多いので、手厚いサポートを希望する場合は、保険会社の海外旅行保険を検討しましょう。

海外旅行の際は、保険の確認を忘れずにしておきたいですね。

執筆者プロフィール

鈴木 竜一郎の写真

鈴木 竜一郎スズキ リュウイチロウ

AFP

大学卒業後、損害保険会社に約9年勤務(自動車損害調査部、営業部など)後にオーストラリアへ移住。西豪州パース在住。オーストラリアで約20年独立系FPとして活動。税理士、公認会計士、移民代理人(豪州)としての活動も行う。新型コロナウイルス感染症の流行が終息したのち、日本での活動に注力する準備をしている。
マイアドバイザー® 登録

  • ※ この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※ 掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。
  • ※ 掲載日は2022年3月14日です。
  • 2022年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
  • パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲