皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

介護補償保険

読み方:かいごほしょうほけん

介護保障保険とは、被保険者が要介護認定をうけた場合に、一時金または毎年一定金額の年金を受け取ることができる保険のことをいう。
一定の要介護が継続した場合に、一時金や年金を受け取ることができるものと、公的介護保険の上乗せとして一時金や年金を受け取ることができるものに分類される。
また、死亡した場合には死亡給付金が支払われる。
介護保障保険は生命保険会社が取り扱うのに対し、「介護補償保険」は損害保険会社が取り扱う介護保険である。
介護保障保険では、一時金や年金以外に、介護用品購入費や諸費用なども介護準備費用として支払われる

関連用語

継続
一般的に生命保険の契約期間は長く、事情の変化により…
生命保険会社
「生命保険会社」とは、保険業法に基づいて内閣総理大…
損害保険会社
自動車保険や火災保険など、偶発的な事故によって発生…
年金
国が主体として運営する公的年金と、国以外の機関が主…
被保険者
被保険者とは、保険の対象となっている人のことをいう…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
要介護認定
介護保険制度として、寝たきりや認知症等で常時介護を…
ページトップへ ▲