皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

据え置き

読み方:すえおき

据え置きとは、保険の場合では支払いが発生した死亡保険金や生存給付金などをすぐに受け取らずに、保険会社に預けておくこと(据置制度)を意味する。
据え置いている間のお金(据置保険金)については、所定の利率で運用される(ただし、利率は経済情勢などにより変動する)。
保険金を銀行に預けた場合、利息に対しては20%の源泉分離課税が課せられる。
しかし、据置保険金では利息は雑所得(ざっしょとく)扱いとなる。

関連用語

源泉分離課税
「源泉分離課税」とは、他の所得と分離して、所得を支…
雑所得
雑所得(ざっしょとく)とは、所得税における課税所得…
死亡保険金
死亡保険金とは、死亡保障のついた生命保険加入してい…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険会社
「保険会社」とは、保険業法において内閣総理大臣の免…
保険金
生命保険における保険金とは、被保険者に保険事故が生…
ページトップへ ▲