皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

集団扱い(集団扱保険/団体扱保険)

読み方:しゅうだんあつかい(しゅうだんあつかいほけん/だんたいあつかいほけん)

集団扱いとは、保険料の払込経路のひとつであり、「団体扱い」とも呼ばれる。
保険料が勤務している団体(会社など)の給与から天引きされ、生命保険会社に支払われる方法をいう。
集団扱保険(しゅうだんあつかいほけん)とは、いわゆる「団体扱保険(だんたいあつかいほけん)」のことをいう。
団体扱保険とは、保険契約者が企業などの団体に所属しており、その団体から給与の支払を受けている場合に、団体が保険者に対して契約者の給与から保険料を支払う(給与の天引き)方式のものをいう。
団体扱保険は、「団体扱契約」とも呼ばれる。
同一団体に一定数以上の契約者がいる場合に認められる。
似たような言葉に「団体保険」がある。
団体保険とは、企業などの集団活動をしている団体が契約する保険のことを意味する。
団体保険に対し、個人で契約する保険のことを個人保険という。
団体保険は、主に従業員の福利厚生の一環として加入するというケースが多い。

関連用語

生命保険会社
「生命保険会社」とは、保険業法に基づいて内閣総理大…
団体
「団体」とは、2人以上が集まった組織や法人などの集…
団体保険
会社員や組合員など企業や団体に所属する人が、その企…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険契約者
保険契約者とは、保険会社と保険契約を結んで、契約上…
保険者
保険者とは、契約者と保険契約を結ぶ者のことであり、…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
ページトップへ ▲