皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 9:00~21:00
(年末年始を
除く)

無  料プロに相談

【ワクチンの職域接種完了】当社のコロナ対策について

保険市場用語集

比例払い方式

読み方:ひれいばらいほうしき

比例払い方式とは、保険事故が生じた場合に保険価額(時価)に対する保険金額の割合によって保険金を支払う方式のことをいう。
時価とは、現時点での住宅や家財の価値そのものの評価額であり、再調達価格(同等のものを新たに新築・購入するのに必要な資金)から使用による消耗分を差し引いた額を意味する。
比例払い方式は主に火災保険において用いられる。
火災保険の保険金額を設定する場合、時価で設定すると消耗分が控除されているため、再調達価格分の補償を受けることができない恐れがある。

関連用語

火災保険
火災保険とは損害保険のひとつであり、火災などによっ…
時価
「時価」とは、商品などの現時点における市場価格のこ…
保険価額
保険価額とは、被保険利益を金銭に評価した額のことを…
保険金
生命保険における保険金とは、被保険者に保険事故が生…
保険金額
保険金額とは、保険契約において約束されている金額の…
保険事故
保険事故とは、保険会社(保険者)が保険金や給付金の…
補償
損害保険では、事故や災害など、所定の支払事由に該当…
ページトップへ ▲