アドバンスクリエイトは
東証プライム市場に上場しております。
特設ページはこちら

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 9:00~21:00
(年末年始を
除く)

無  料プロに相談

【全員ギフトがもらえる】保険相談キャンペーン実施中

保険市場用語集

法定相続分

読み方:ほうていそうぞくぶん

被相続人が遺言等で相続分を指定していない場合などにおいて、民法で定められている複数人の相続人に対する相続分のことをいいます。
民法第900条では、法定相続分は以下のように定められています。

①配偶者と子どもが相続人である場合、配偶者2分の1、子ども(2人以上のときは全員で)2分の1。
②配偶者と直系尊属が相続人である場合、配偶者3分の2、直系尊属(2人以上のときは全員で)3分の1。
③配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合、配偶者4分の3、兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)4分の1。
なお、子どもや直系尊属、兄弟姉妹が2人以上いる場合、原則として均等に分けられます。

掲載日:2018年7月20日

関連用語

相続人
「相続人」とは、亡くなった人(被相続人)から財産上…
被相続人
「被相続人」とは、相続人に相続財産(生前に有してい…
遺言
生前に残した自身の財産処分などに関して民法の定める…
新サービス アバターに相談
×
ページトップへ ▲
閉じる ×

総合窓口

9:00~21:00(年末年始を除く)

相談予約専用窓口

9:00~21:00(年末年始を除く)