皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

病床区分

読み方:びょうしょうくぶん

病床とは、いわゆるベッドのことである。
従来の病院の病床は、精神病床・感染症病床・結核病床・その他の病床の4区分とされていた。
しかし、医療法の改正により、その他の病床が一般病床と療養病床に分かれたため、合計で5区分となった。
一般病床とは、急性疾患の患者を対象とするベッドのことであり、療養病床とは、症状は安定しているが長期の療養を要する慢性疾患の患者を対象とするベッドのことである。
少子高齢化や病床の種別に応じて、変化した患者の病態に適応した医療を提供するため、病床ごとの設備や人員配置などの基準も定められた。

関連用語

ページトップへ ▲