アドバンスクリエイトは
東京証券取引所市場第一部銘柄指定
から1周年を迎えました。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

1

2017.11.10

がん保険選びからみる満足度の高い保険の選び方

保険は「もしも」のときに備えるものですが、もしもについて考えはじめると不安が大きくなり、ついつい過剰に備えたくなりがちです。保険を選ぶ際は、保険料が今の生活を圧迫することなく、もしものときの備えを得、不安を解消できるベストバランスを見つけることが大切です。
今回は、筆者のがん保険選びを通して、何が不安なのかを具体化することで、保険料を抑え、満足度の高い保険選びをするポイントをお伝えします。

  • 妻(筆者30代・自営業:ファイナンシャルプランナー)、夫(30代・会社員)、長男(5歳)、長女(2歳)の4人家族
  • 石川県在住

がん保険に加入する前の保険の加入状況

保険の種類 保障内容
生命保険(低解約返戻金型終身保険) 死亡保障540万円
終身医療保険 入院給付金日額3,000円
生命保険(低解約返戻金型終身保険) 死亡保障480万円
収入保障型企業共済 年金月額15万円×12カ月×25年
終身医療保険 入院給付金日額3,000円

自分に必要な保障だけを選び取るがん治療保険

(1)加入の時期ときっかけ

身内にがん罹患者がいるため、がん保険に加入したいと思いながら、家計に占める保険料の割合が高くなることに抵抗があり、加入を見合わせていました。
2017年にそれまで加入していた医療保険を見直し、保険料負担が年間で約35,000円減ったことをきっかけに、がん保険への加入を決めました。

がんについて感じていた経済的不安は、
・通院治療が長引いた際の費用
・子どもたちが社会人になるまでにがんになってしまった場合の家計への影響
この2つでした。

高額療養費制度や既に加入している医療保険があるとはいえ、通院治療が長引いた際の不安は残りました。また、まだ子どもが小さいため、がんになったときに治療費以外にかかるお金(子どもたちの保育サポートや家事代行など)について、教育資金には手をつけたくないという気持ちがありました。

そこで、筆者の場合、
・長期的な放射線治療や化学療法については一生涯給付金を受け取れるようにする
・子どもが大学を卒業するまではがん診断給付金を受け取れるようにする
という形で不安に備えることにしました。

(2)加入した保険の保障内容

長期的ながん治療へ備えるために、チューリッヒ生命の 「終身ガン治療保険プレミアム」 に加入しました。

終身ガン治療保険プレミアム」 は「放射線治療給付金」と「抗がん剤・ホルモン剤治療給付金」を主契約とした保険で、それにさまざまな特約がプラスできます。がんで入院したときや手術したとき、がんで通院したときの保障もそれぞれ別々に特約として付加できます。

筆者は自由設計プランで、主契約に「悪性新生物保険料払込免除特約」を付加し、主契約の給付月額は20万円を選びました。給付月額は10万円から60万円まで10万円単位で選択でき、加入後に減額することも可能です。
給付金は治療を受けた月ごとに回数無制限で受け取ることができ、上皮内新生物も同額保障となっています。

(3)加入の決め手

長期的な通院治療への給付金と診断給付金に保障を絞って自由に設計できる保険を探しました。通院治療であっても給付金が治療を受けた月ごとに回数無制限で受け取れるこの保険は保障が手厚いと判断し、加入を決めました。必要な保障だけに絞ることで保険料も抑えられます。

特約で診断給付金を付加することもできましたが、100万円の給付金をつけようとすると、保険料が年額3万円を超えてしまうため、診断給付金は他の保険商品を探すことにしました。

(4)読者へのアドバイス

すべての不安に備えようとすると、家計への負担も大きくなってしまいます。将来にばかり備えて、今の生活が圧迫されてしまうのは本末転倒です。不安にも優先順位をつけることで、「今はどこまで備えるのか?」の線引きがしやすくなります。

時間がたてば、自分自身の考え方も変化しますし、医療技術も進歩します。保険料の支払いは短期払い(60歳払込満了など)にすることも可能でしたが、終身払いにすることで、その時々の自分に合う保険に見直しやすいようにしています。

うまく使えば保険料を抑えられる団体がん保険

(1)加入の時期ときっかけ

チューリッヒ生命の 「終身ガン治療保険プレミアム」 へ加入し、長期的な治療に対する保障は得られたので、次はがんの診断給付金に絞って考えました。時期は 「終身ガン治療保険プレミアム」 加入と同時期です。
診断給付金は子どもが独立するまでの一定期間だけ保障が必要だったので、夫の勤め先で加入できる保険期間が1年の団体がん保険も選択肢の1つとしました。

(2)保障内容

加入を検討した団体がん保険は、加入目的である、がん診断一時金が1回100万円で、がんが再発した場合にも条件によっては受け取れる場合がありました。これに加えて、がん入院給付金は1日10,000円(日数無制限)、手術給付金などの保障もありました。

(3)加入の決め手

団体がん保険は、1年ごとの更新のため、加入時は月額保険料約300円でしたが、年齢が上がると保険料も上がってしまいます(解約予定時の59歳の年間保険料見込額は約22,000円※)。また、保障内容は診断給付金のみを必要としている筆者にとっては余分な保障も含まれていました。
※筆者が検討した団体がん保険の59歳時の見込額

そこで、診断給付金のみのシンプルな設計が可能な他のがん保険も検討しました。ただ、検討した商品は保険期間が終身でした。終身の保障は不要であることと、終身保障である分やはり保険料が高くなってしまうため、団体がん保険への加入を決めました。

(4)読者へのアドバイス

団体保険は転職や退職すると加入できなくなるなどの注意点もありますが、必要な保障が一定期間の場合は、手頃な保険料で必要な保障が得やすいのが一般的です。ご自身の加入できる団体保険はないか確認してみてください。

また、実際に保険商品を検討するときには、支払う保険料に対して受け取れる保障は妥当だと感じるか、保険会社のシミュレーションページなども利用して、保険料を自分の手を動かして計算してみることで、自分の価値観に合う保険がわかりやすくなります。

ひとことメッセージ

たくさんの保険商品や情報があるなか、自分に合う保険を選ぶことは難しく感じるかもしれません。環境や不安に感じることも人それぞれ違うので、「良い保険」も人によって異なります。保険商品を選ぶ前に、まずは自分が保険に求めることを具体化することが大切です。何に対して、どれくらいの期間、いくら備えたら不安が解消するのかが明確になれば、自分に合った保険商品が選びやすくなり、満足度の高い保険選びにつながるはずです。

※文中記載の保険商品、保障内容は執筆者の加入内容に基づくものです。
※ここで紹介した保険商品は、申込内容や申込方法などによっては加入できないことがあります。

人気のがん保険を今すぐチェック

がん保険ランキング

そのがん保険はあなたにぴったり?

店舗でプロに相談する
コラム執筆者プロフィール
長谷部 敦子の写真

長谷部 敦子

(ハセベ アツコ)

AFP/2級FP技能士/メンタルオーガナイザー

20代前半での父親の看取り介護を機に、“お金”と“心”の整え方を学ぶ。お金のことが苦手だった自身の経験をもとに、子育て中の母目線での執筆活動や、働きたい女性に向けて家計管理の仕組み作りのサポートや、マネー講座・起業講座の講師業も行う。

ラーゴムデザイン代表

  • ※ この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※ 掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

募補17240-20171006

店舗で保険のプロに無料相談!

全国325店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2017年11月22日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 10:00~18:00
(年末年始を除く)

2017年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!
LINEでかんたん!お客さま情報の照会サービスはじめました!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲
チャットで質問する チャットで質問