皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

一部保険

読み方:いちぶほけん

一部保険とは、損害保険における保険金のかけ方のひとつであり、保険対象物の価額よりも設定している保険金額が少ないものをいう。
一部保険では、損害額が保険金額の範囲内となる場合でも、保険金額の実際の価額に対する割合により保険金が減額されることになる。
簡単に説明すると、時価2,000万円の建物に1,000万円分(50%)だけ保険をかけることを意味する。
この場合、実際に損害が出た場合には50%が自分の責任と判断され、支払われる保険金は500万円となる(1,000万円×0.5=500万円)。
一部保険と関連する用語には「全部保険」と「超過保険」がある。
全部保険とは保険対象物の価額と保険金額を同額に設定するものであり、超過保険とは保険対象物の価額よりも設定している保険金額が多いものをいう。
なお、損害保険では保険金の支払いによる利得を禁止しているため、超過部分は無効となる。

関連用語

価額
「価額」とは、物品の価格に相当する金額をいいます。…
減額
減額とは、主契約や特約の保障額を減らす方法のことを…
全部保険
全部保険とは、保険金額が保険の対象となるものの価額…
損害保険
損害保険とは、自然災害や自動車事故のような、偶然の…
超過保険
超過保険とは、契約時に決めた保険金が保険の対象であ…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険金
生命保険における保険金とは、被保険者に保険事故が生…
保険金額
保険金額とは、保険契約において約束されている金額の…
無効
無効とは、保険契約が何らかの理由により、契約成立当…
ページトップへ ▲