皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

無選択型保険

読み方:むせんたくがたほけん

一般に生命保険に加入する場合は、健康状態などに関する告知や医師による診査が必要となる。
「無選択型保険」は、加入する際の告知や医師による診査が不要な保険であるため、保険料は一般的に高くなる。
無選択型保険は、契約後2年間など一定期間内に病気で死亡した場合は、死亡保険金ではなく、それまでに払い込んだ保険料相当額が支払われるなど、保障内容が制限されていることが多い。
また、現在治療中の病気や既往症は保障の対象外になるなど、免責条項がある場合もある。

掲載日:2016年2月9日

関連用語

既往症
既往症とは、これまでにかかったことのある病気で、現…
死亡保険金
死亡保険金とは、死亡保障のついた生命保険加入してい…
診査
診査とは、保険会社の指定した医師が健康状態を医的に…
生命保険
人が生活をする上において、さまざまなリスク(危険)…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
保障
生命保険では、入院・手術や死亡など、所定の支払事由…
ページトップへ ▲