皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

契約転換制度(転換)

読み方:けいやくてんかんせいど(てんかん)

契約転換制度(転換)とは、生命保険において用いられる言葉であり、現在加入している保険を辞めて、新しい保険に加入することをいう。
現在加入している生命保険(積立部分や積立配当金)を下取りに出し、そのお金を新しい保険の一部に充てるため、新規で契約するよりも保険料の負担が軽減される。
転換価格とは、下取りに出す、現在加入している生命保険の責任準備金に配当金を加えた価格のことである。
転換は、そのお金を新しい保険の一部に充てるため、新規で契約するよりも保険料の負担が軽減されるというメリットがある。
ただし、同じ生命保険会社でなければ利用できない、保険料は転換時の年齢や保険料率で計算される、転換時にも告知や診査が必要であるなど、注意すべき点もある。

関連用語

下取り
保険における下取りとは「転換」のことをいう。転換と…
診査
診査とは、保険会社の指定した医師が健康状態を医的に…
生命保険
人が生活をする上において、さまざまなリスク(危険)…
責任準備金
責任準備金とは、生命保険会社が将来の保険金・年金・…
積立
生命保険でいう積立とは、一般的には一定期間ごとに一…
転換価格
転換とは、現在加入している保険を新しい保険に変更す…
配当金
生命保険の保険料というのは、「予定死亡率」「予定利…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
保険料率
保険料率とは、保険金額に対する保険料の割合のことを…
ページトップへ ▲