皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 9:00~21:00
(年末年始を
除く)

無  料プロに相談

【ワクチンの職域接種完了】当社のコロナ対策について

保険市場用語集

相続時精算課税制度

読み方:そうぞくじせいさんかぜいせいど

「相続時精算課税制度」とは、原則として60歳以上の父母または祖父母から、20歳以上の子または孫に対し、2,500万円まで課税されずに財産を贈与できる制度です(贈与額が2,500万円を超えた場合は、超過額に対して一律20%の贈与税が課税されます)。
この制度を選択する場合、受贈者は、贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日の間に一定の書類を添付した贈与税の申告書を提出する必要があります。
また、贈与者である父母または祖父母が亡くなったときには、相続財産の価額にこの制度を適用した贈与財産の価額(贈与時の時価)を加算して相続税額を計算します。

掲載日:2017年5月22日

関連用語

価額
「価額」とは、物品の価格に相当する金額をいいます。…
時価
「時価」とは、商品などの現時点における市場価格のこ…
贈与
「贈与」とは、当事者の一方が自分の財産を無償で相手…
贈与税
保険金や給付金を受け取るときには、税金がかかる場合…
ページトップへ ▲