皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

贈与税

読み方:ぞうよぜい

保険金や給付金を受け取るときには、税金がかかる場合がある。
保険で課される税金としては「所得税」「住民税」「相続税」「贈与税」のいずれかとなる。
課される税金の種類は、保険金や給付金の種類、あるいは契約者・被保険者・受取人の関係によって異なる。

贈与税とは、個人から財産を譲り受けた者に対してかけられる税金のことをいう。
具体的には、自分が保険料を負担していない生命保険を受取った場合などが課税対象となる。
贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間に個人が譲り受けた財産の合計額から、基礎控除額(110万円)を差し引いた残りの額に対してかかる。
つまり、年間110万円以下の贈与であれば贈与税はかからない。

関連用語

給付金
給付金とは、保険に加入している被保険者が入院や手術…
所得税
保険金や給付金を受け取るときには、税金がかかる場合…
住民税
住民税とは保険金や給付金を受け取るときには、かかる…
生命保険
人が生活をする上において、さまざまなリスク(危険)…
相続税
保険金や給付金を受け取るときには、税金がかかる場合…
贈与
「贈与」とは、当事者の一方が自分の財産を無償で相手…
被保険者
被保険者とは、保険の対象となっている人のことをいう…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険金
生命保険における保険金とは、被保険者に保険事故が生…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
ページトップへ ▲