皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00 
土日祝10:00~18:00
(年末年始を除く)

相談する

知っておきたい 国内旅行保険のアレコレ!

国内旅行保険とは?

最終更新日:2017年4月20日

はじめに

国内旅行保険は、国内旅行のために自宅を出発してから帰宅するまでの間の傷害などに備える主契約と、個人賠償責任、携行品損害、救援者費用などの特約がセットになった保険になります。保険期間は保険会社により異なりますが、最長でも1カ月程度と短期で、保険料は、保険金額が低いプランの場合、1週間程度の国内旅行であれば、1,000円前後の保険料で加入が可能です。
以下、傷害補償などの主契約部分と特約部分の概要、加入条件などについてみていきます。

主契約部分

国内旅行保険の主契約は、国内旅行中に「急激かつ偶然な外来の事故によるケガ」を対象とした補償で、

  1. 1.死亡・後遺障害
  2. 2.入院・手術
  3. 3.通院

に対して保険金が支払われます。

ただし、脳疾患などの疾病、無免許運転や酒気帯び運転などの違法な運転、危険度が高いピッケル等の登山用具を使用した山岳登はんや、ボブスレーなど危険な運動中のケガについては、多くの保険会社で補償の対象外になっています。
なお、保険会社によっては、特約をセットし別途割増保険料を支払うことで、登山用具を使用した山岳登はんに対しても補償してくれる場合があります。

特約部分

国内旅行保険の特約の主なものは、

  1. 1.個人賠償責任
  2. 2.携行品損害
  3. 3.救援者費用

の3つになります。

「個人賠償責任」は、国内旅行中に偶然な事故によって他人をケガさせた場合や他人の物を壊してしまった場合の補償です。多くの保険会社が、1事故についての補償限度額を3,000万円と設定していますが、1億円までの補償を用意しているところもあります。
対人事故の危険性があるような旅行でしたら、補償額を高めに設定できる保険会社を選択した方がいいでしょう。

「携行品損害」は、国内旅行中に携行品が盗難や火災など偶然の事故で損害を受けた場合の補償特約です。携行品1つあたりの補償限度額があり、10万円となっている保険会社や、20万円、30万円といった設定ができる保険会社もあります。
携行品損害の補償には、免責金額(自己負担額)が設定されており、1事故につき3,000円としている保険会社が多いようです。

「救援者費用」は、国内旅行中に飛行機や船の事故により行方不明や遭難した場合の捜索援助費用や、ケガが原因で死亡や長期入院した場合に、家族が現地に行く費用を補償する特約です。

加入条件など

加入者年齢は、「年齢制限なし」「0~70歳まで」など、保険会社によりバラつきがあります。家族旅行で高齢の方が一緒の場合は、加入者年齢の確認が必要になります。

保険期間は、「1カ月まで」「14日(13泊14日)まで」「7日(6泊7日)まで」など、加入できる期間が保険会社によって異なります。ご自分の旅行期間に合わせて、保険会社を選択しましょう。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

国内旅行保険を詳しくみる

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国630店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2020年9月24日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2020年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲