皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

知っておきたい 国内旅行保険のアレコレ!

国内旅行保険 家族で入ると「おトク」?

最終更新日:2017年4月20日

はじめに

携帯電話の料金をはじめ、家族で契約すると「おトク」になるサービスがあります。生命保険でも家族特約などを用意した商品があります。
では、国内旅行保険の場合はどうでしょうか?

家族で入ると「おトク」?

国内旅行保険では、加入できる被保険者の年齢を制限している保険会社があります。
例えば、「満70歳未満」「満74歳以下」といった年齢制限をしている商品があります。

また、保険期間開始日時点の被保険者の年齢が満15歳未満の場合、死亡・後遺障害保険金の額は、他に契約している同種の保険契約などと合算して、1,000万円を限度としている保険会社もあります。

契約手続きの面では、1家族1契約で5名分まで申し込みができる保険会社や、家族、友人を含めて1契約で10名分まで申し込みができる保険会社があります。
メリットとしては、手続き面の手間を省けることや、契約書が1枚で済むため管理がし易くなることなどがあるかと考えます。

もっとも保険料に関しては、家族で申し込んだとしても、携帯電話の料金サービスのような割引があるわけではありません。

家族旅行におけるチェックポイント

家族での国内旅行で起こる頻度が高いリスクを考えてみますと、

  1. 1.小さい子どもが店の商品を落として壊してしまう、損害賠償のリスク
  2. 2.高齢の家族が転倒して、ケガをしてしまうリスク

などが想定されます。

1のケースについては、クレジットカードに付帯されている「個人賠償責任保険」や自動車保険など、他の保険の特約で「個人賠償責任保険」に加入しているかを確認し、加入していない場合は、国内旅行保険で備えるようにしましょう。

2のケースについては、民間の医療保険に加入していれば保障対象になります。加入の有無の確認をして、加入していない場合は、国内旅行保険で備えるようにしましょう。ただし、年齢制限のある商品もあるため、加入可能年齢の確認が必要です。

それ以外のケースとして、「カメラを落として壊してしまった場合」には、

  1. 1.高価な物を持参しない
  2. 2.小さい子どもに触らせない

などの自衛策によっても、「携行品損害」のリスクに備えるようにしましょう。

まとめ

国内旅行保険は、「加入年齢制限」がある商品があり、すべての年齢の方に対応できる商品ばかりではありません。保険料に関しても、必ずしも家族(複数人)の契約による割引があるわけではありません。
加入できない年齢の方と一緒に旅行される場合には、上記のチェックポイントを参考に、国内旅行保険以外での補償(保障)について検討するのも一案かと考えます。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

国内旅行保険を詳しくみる

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国312店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年10月17日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲