皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

引受保険会社 楽天生命

楽天生命スーパーたよれる医療保険 限定告知型医療保険2018

  • 通販
  • 対面
  • ネット申込
  • 法人
  • 保険市場オリジナル

商品概要

  • 持病がある方、過去に入院・手術をした方もご加入しやすい保険です。基本プランが充実しています。
  • 長期入院化しやすい脳血管疾患をはじめ、がん(悪性新生物)、心疾患での入院は入院日数無制限。
  • がん治療のための放射線治療は基本プランでカバーできます。
  • 退院後の通院保障、先進医療保障も基本プランで保障されます。
  • がん、急性心筋梗塞、脳卒中の場合、一時金が出るプランをご用意。

ポイントまたは割引で還元!「続けておトク!」なサービス 楽天スーパーポイントバック

今すぐ見積り・申込み 店舗で相談する この保険の資料をもらう ※店舗により本商品のお取り扱いがない場合があります。

楽天生命スーパーたよれる医療保険なら、病気・ケガでの入院・手術に加えて退院後の通院も総合的にカバー!
さらに、ご希望に合わせて3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の一時金保障も!!

保障内容について

給付金の種類等 支払事由等 支払額等 支払限度
入院給付金 責任開始期以後に生じたケガまたは病気の治療を目的として入院したとき 入院給付金日額×入院日数 1回の入院につき60日、通算1,095日
<8疾病入院支払限度拡大特則を付加した場合>
約款所定のがん(悪性新生物)・心疾患・脳血管疾患による入院:支払限度なし
約款所定の糖尿病・高血圧性疾患・肝疾患・腎疾患・すい疾患による入院:1回の入院につき120日、通算1,095日
手術給付金 責任開始期以後に生じたケガまたは病気の治療を目的として次のいずれかの手術を受けたとき
①公的医療保険制度にもとづく医科診療報酬点数表に手術料として算定される手術
②公的医療保険制度にもとづく医科診療報酬点数表に輸血料として算定される骨髄移植術
【Ⅱ型】
入院中:入院給付金日額の10倍
外来:入院給付金日額の5倍
通算限度なし
放射線治療給付金 責任開始期以後に生じたケガまたは病気の治療を目的として、公的医療保険制度にもとづく医科診療報酬点数表に放射線治療料として算定される放射線治療を受けたとき(血液照射は除く) 【Ⅱ型】
入院給付金日額の10倍
60日に1回
骨髄ドナー給付金 責任開始日から1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞または未梢血幹細胞の採取手術を受けたとき 入院給付金日額の10倍 通算限度なし
通院給付金
(限定告知型通院特約)
入院給付金が支払われる入院の退院日の翌日から120日以内に、入院の原因となったケガまたは病気の治療を目的として通院したとき 通院給付金日額×通院日数 1回の入院の退院後の通院につき30日、通算1,095日
がん診断給付金
(限定告知型がん特約)
1回目:責任開始日から90日を経過した日の翌日以後に、初めて約款所定のがん(悪性新生物)と診断確定されたとき
2回目以後:直前に支払われたがん診断給付金の支払事由に該当した日から1年を経過した日の翌日以後に、約款所定のがん(悪性新生物)の治療を目的として入院したとき
がん診断給付金額 1年に1回、通算6回
上皮内新生物診断給付金
(限定告知型がん特約)
責任開始日から90日を経過した日の翌日以後に、初めて約款所定の上皮内新生物と診断確定されたとき がん診断給付金額の50% 1回限り
急性心筋梗塞治療給付金
(限定告知型急性心筋梗塞・脳卒中特約)
責任開始期以後に発病した約款所定の急性心筋梗塞の治療を目的として入院したとき 特約給付金額 1年に1回、通算6回
脳卒中治療給付金
(限定告知型急性心筋梗塞・脳卒中特約)
責任開始期以後に発病した約款所定の脳卒中の治療を目的として入院したとき 特約給付金額 1年に1回、通算6回
先進医療給付金
(限定告知型先進医療特約2018)
責任開始期以後に生じたケガまたは病気により厚生労働大臣が定める先進医療による療養を受けたとき 先進医療にかかる技術料の自己負担額と同額 通算2,000万円
保険料の払込みの免除 責任開始期以後に生じた不慮の事故により、事故の日から180日以内に約款所定の身体障害状態になったとき 将来に向かって保険料の払込みを免除します
<共通>
・契約日からその日を含めて1年以内は支払削減期間です。支払削減期間中に支払事由に該当した場合には、給付金の支払額は50%に削減されます。
・限定告知型通院特約、限定告知型がん特約、限定告知型急性心筋梗塞・脳卒中特約、限定告知型先進医療特約2018は、各特約ごとにすべての給付金が支払限度に到達した場合に消滅します。(限定告知型通院特約は主契約の入院給付金が支払限度に到達した場合にも消滅します)
<入院給付金について>
・同一の日に複数の支払事由に該当した場合でも、入院給付金は重複してお支払いしません。
・直前の入院給付金が支払われる入院の退院日の翌日から180日以内に開始した入院は、原因にかかわらず1回の継続した入院とみなします。
・支払削減期間満了時に入院を継続していた場合、支払削減期間満了日の翌日以後の入院に対しては入院給付金を削減せずにお支払いします。
<手術給付金について>
・同一の日に2回以上の手術を受けたときは、支払額のもっとも高いいずれか1回の手術についてのみ手術給付金をお支払いします。
・次の手術について、手術給付金は入院給付金日額の5倍となります。ただし、入院給付金が支払われる入院中に、その入院の原因と同一の原因により受けた手術である場合に限ります。

傷の処理(創傷処理、デブリードマン)、切開術(皮膚、鼓膜)、骨または関節の非観血的整復術、非観血的整復固定術および非観血的授動術、抜歯、異物除去(外耳、鼻腔内)、鼻焼灼術(鼻粘膜、下甲介粘膜)、魚の目、タコ切除術(鶏眼、胼胝切除術)

・医科診療報酬点数表において、手術料が1日につき算定対象となる手術については、その手術を受けた1日目についてのみ手術給付金をお支払いします。
・手術を複数回受けた場合で、それらの手術が医科診療報酬点数表において一連の治療過程に連続して受けた場合でも1回のみ算定されるものと定められている手術に該当するときは、それらの手術のうち手術給付金の支払額の高いいずれか1回の手術についてのみ手術給付金をお支払いします。
<通院給付金について>
・次のいずれかに該当する場合は、通院給付金を重複してお支払いしません。
①同一の日に2回以上通院をしたとき(1回の通院とみなします)
②2以上のケガまたは病気の治療を目的として1回の通院をしたとき
・入院中の通院は通院給付金の対象にはなりません。
・支払削減期間満了時に通院を継続していた場合、支払削減期間満了日の翌日以後の通院に対しては通院給付金を削減せずにお支払いします。
<がん診断給付金・上皮内新生物診断給付金について>
・責任開始日から90日以内にがん(悪性新生物)または上皮内新生物と診断確定された場合には、がん診断給付金または上皮内新生物診断給付金をお支払いしません。
・責任開始日から90日を経過した日以前にがん(悪性新生物)と診断確定されていた場合には、契約者または被保険者がその事実を知っている、いないにかかわらず、限定告知型がん特約は無効となります。この場合、限定告知型がん特約の保険料は契約者にお返しします。(保険料は限定告知型がん特約を付加しない場合の保険料に改めます)ただし、告知前に被保険者ががん(悪性新生物)と診断確定されていた事実を、契約者、被保険者のいずれか一人でも知っていたときは、お返ししません。
・責任開始日から90日を経過した日以前に上皮内新生物と診断確定された場合には、限定告知型がん特約は無効とせず継続します。(上皮内新生物診断給付金はお支払いしません)
<先進医療給付金について>
・先進医療による療養とは、公的医療保険制度の法律にもとづく評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療による療養をいいます。療養を受けた日現在において、先進医療ごとに決められた適応症に対し、厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所において行われるものに限ります。
・先進医療給付金の支払額には、以下のような先進医療にかかる技術料以外の費用は含まれません。
1.公的医療保険制度の法律にもとづき給付の対象となる費用(自己負担部分を含みます)
2.先進医療以外の評価療養、選定療養、食事療養、生活療養のための費用 など
・限定告知型先進医療特約2018の給付にかかわる公的医療保険制度等が将来変更されたときは、主務官庁の認可を得て先進医療給付金の支払事由を変更することがあります。
・限定告知型先進医療特約2018の保険期間は10年です。特約の保険期間満了日の2週間前までに更新しない旨のお申出がない限り、特約の保険期間満了日の翌日における被保険者の年齢が95歳以下となる範囲で、健康状態にかかわらず自動的に更新されます。更新後の保険料は更新時の年齢および保険料率により新たに計算されるため、変更される場合があります。
・先進医療給付金の通算支払限度は保険期間を通じて2,000万円です。限定告知型先進医療特約2018を更新した場合、更新前後の保険期間は継続したものとみなします。
・複数回にわたって一連の先進医療による療養を受けた場合には、最初にその療養を受けた日に支払事由に該当したものとみなします。(最初に療養を受けた日が支払削減期間中の場合には、支払額の50%をお支払いします)
・「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」については、責任開始日から2年以内に療養を受けた場合は先進医療給付金をお支払いしません。
注意事項:
  • ・この保険は、持病がある方や入院・手術の経験がある方など、健康状態に不安を抱えている方でも加入しやすいように告知項目を限定し、引受基準を緩和した医療保険です。そのため、楽天生命で販売中の他の医療保険と比べ保険料が割増しされています。
  • ・健康状態について、より詳細な告知をいただくことで、保険料が割増しされていない楽天生命の他の医療保険にご加入いただける場合があります。
  • ・契約日から1年以内は支払削減期間です。支払削減期間中に支払事由に該当した場合には、支払額を50%削減します。
  • ・ご契約の際には、「契約概要」、「注意喚起情報」、「ご契約のしおり‐約款」を必ずご確認ください。
  • ・募集は(株)アドバンスクリエイト直営店「保険市場コンサルティングプラザ」でのお取り扱いとさせていただきます。
引受保険会社
楽天生命保険株式会社
〒158-0094  東京都世田谷区玉川1-14-1 楽天クリムゾンハウス

  • 2-2017-400(2019.3.13)
募集代理店
株式会社アドバンスクリエイト
〒541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町3-5-7
野村不動産御堂筋ビル
TEL:0120-816-316
保険市場は募集代理店株式会社アドバンスクリエイトが運営しています。
気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲