アドバンスクリエイトは
東京証券取引所市場第一部銘柄指定
から1周年を迎えました。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

保険市場用語集

クーリング・オフ制度

読み方:くーりんぐ・おふせいど

クーリング・オフ制度とは、いったん契約を申し込んだ後でも、一定期間内であれば消費者が契約を無条件に解除できる制度のことをいう。
クーリング・オフとは、「頭を冷やして(契約から)離れる=Cooling Off」という意味である。
契約した保険について、頭を冷やして考え直す期間を設け、その期間内であれば一方的に契約者側が生命保険会社との契約を取り消すことが可能となっている。
一般的に、生命保険契約のクーリング・オフを行える期間は、「クーリング・オフに関する書面(『第1回保険料充当金領収証の裏面』や、『ご契約のしおり』の中などにある)を受け取った日」か「申込日」のいずれか遅い日から、その日を含めて8日以内となっている。
手続きは書面で行う必要がある。
クーリング・オフを行うことにより、支払った保険料の全額が契約者に返金される。
ただし、契約にあたって生命保険会社が指定した医師による診査を受けた場合や、保険期間が1年以内の契約の場合などは、クーリング・オフ制度は適用されない。

掲載日:2016年2月9日

関連用語

解除
解除とは、当事者(保険契約者や保険会社)が、保険契…
診査
診査とは、保険会社の指定した医師が健康状態を医的に…
生命保険会社
「生命保険会社」とは、保険業法に基づいて内閣総理大…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険期間
保険期間とは、保険会社が契約に対して責任を負う期間…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
ページトップへ ▲
チャットで質問する チャットで質問