皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

型式別料率クラス制度

読み方:かたしきべつりょうりつくらすせいど

型式別料率クラス制度とは、いわゆる「車両料率クラス」のことをいう。
車両料率クラスとは、過去にどのような車種がどの程度の頻度・規模により交通事故を起こし、その場合に保険会社がどれくらいの保険金を支払ったのかなどを考慮して決められる分類のことをいう。
車両料率クラスは9クラスに分けられており、1年ごとに見直される。
交通事故を起こしやすいスポーツカーや、修理費が高くつく高級外車などでは、高い車両料率クラスに分類されることになる。
「車両保険」の保険料を決定する場合、車両料率クラスが大きく影響する。
車両保険とは、自分の車が交通事故により損害を受けた場合に、その修理代を補償する保険のことをいう。
車両保険は交通事故だけに限定されず、火災・台風・盗難・洪水・高潮などの災害により損害を受けたときも保障範囲に含まれる。

関連用語

車両保険
車両保険とは、自分の車が交通事故により損害を受けた…
車両料率クラス
車両料率クラスとは、過去にどのような車種がどの程度…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険会社
「保険会社」とは、保険業法において内閣総理大臣の免…
保険金
生命保険における保険金とは、被保険者に保険事故が生…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
ページトップへ ▲