皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

相続税

読み方:そうぞくぜい

保険金や給付金を受け取るときには、税金がかかる場合がある。
保険で課される税金としては「所得税」「住民税」「相続税」「贈与税」のいずれかとなる。
課される税金の種類は、保険金や給付金の種類、あるいは契約者・被保険者・受取人の関係によって異なる。
相続税とは、人の死亡や遺言により財産を譲り受けた者に対してかけられる税金のことをいう。
相続税は、相続を開始した日(通常は死亡した日)の翌日から10ヶ月以内に被相続人の住所の所轄税務署に申請書を提出して納付する必要がある。
期間内に申請・納付を行わなかった場合、加算税や延滞税の対象となるため注意が必要。

関連用語

給付金
給付金とは、保険に加入している被保険者が入院や手術…
所得税
保険金や給付金を受け取るときには、税金がかかる場合…
住民税
住民税とは保険金や給付金を受け取るときには、かかる…
相続
人が亡くなったときに、その人の有していた財産上の権…
贈与税
保険金や給付金を受け取るときには、税金がかかる場合…
被相続人
「被相続人」とは、相続人に相続財産(生前に有してい…
被保険者
被保険者とは、保険の対象となっている人のことをいう…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険金
生命保険における保険金とは、被保険者に保険事故が生…
遺言
生前に残した自身の財産処分などに関して民法の定める…
ページトップへ ▲