皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

社員配当金

読み方:しゃいんはいとうきん

社員配当金とは、社員配当によって契約者に毎年1回支払われる配当金のことをいう。
加入している生命保険会社が相互会社の場合、契約者は社員となる。
生命保険の保険料というのは、「予定死亡率」「予定利率」「予定事業費率」という3つの予定率(契約時に予定された基礎率)をベースに計算されている。
しかし、実際には予定どおりの死亡者数や運用利回り、事業費になるとは限らない。
予定と実際との差により余りが生じた場合、剰余金の還元として契約者に分配されることになる。
この分配されるお金のことを配当金という。
この配当金を社員である契約者に還元するのが、社員配当金である。

関連用語

社員
一般的に、「社員」とは、日常用語において会社の従業…
剰余金
剰余金とは、利差益・死差益・費差益などによって毎事…
生命保険
人が生活をする上において、さまざまなリスク(危険)…
生命保険会社
「生命保険会社」とは、保険業法に基づいて内閣総理大…
相互会社
保険会社の会社形態として「相互会社」と「株式会社」…
配当
一般的に「配当」とは、企業などが得た利益を出資者や…
配当金
生命保険の保険料というのは、「予定死亡率」「予定利…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
予定死亡率
生命保険の保険料というのは、「予定死亡率」「予定利…
予定事業費率
事業費率とは、事業費が収入保険料に占める割合のこと…
予定利率
予定利率とは、保険料の算定に使われる要件のひとつで…
ページトップへ ▲