皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

積立勘定

読み方:つみたてかんじょう

積立勘定(つみたてかんじょう)とは、積立型の損害保険において、その積立資産を責任準備金やほかの資産と区分して運用するために設けられる勘定のことをいう。
公正に契約者配当を行う趣旨で設けられている。
なお、生命保険会社が契約者から預かった保険料の運用を行う勘定には、「一般勘定」と「特別勘定」がある。
一般勘定とは、予定利率を契約者に保証している保険(死亡保険や養老保険など)において、支払われた保険料は合同で運用されるものをいう。
一般勘定では、同時期の契約者は全て同じ運用実績となる。
対する特別勘定とは、契約者から支払われた保険料の運用結果について、契約者ごとに直接還元することを目的にして運用されるものをいう。

関連用語

一般勘定
生命保険会社が契約者から預かった保険料の運用を行う…
契約者配当
生命保険の保険料というのは、「予定死亡率」「予定利…
死亡保険
死亡保険とは、被保険者が死亡した場合、または所定の…
生命保険会社
「生命保険会社」とは、保険業法に基づいて内閣総理大…
責任準備金
責任準備金とは、生命保険会社が将来の保険金・年金・…
損害保険
損害保険とは、自然災害や自動車事故のような、偶然の…
特別勘定
生命保険会社が契約者から預かった保険料の運用を行う…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
養老保険
生命保険には大別して3つの種類(終身保険・定期保険…
予定利率
予定利率とは、保険料の算定に使われる要件のひとつで…
ページトップへ ▲