皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 9:00~21:00
(年末年始を
除く)

無  料プロに相談

【ワクチンの職域接種完了】当社のコロナ対策について

保険市場用語集

保険料即収の原則

読み方:ほけんりょうそくしゅうのげんそく

保険料即収の原則とは、保険契約においては契約締結と同時に、保険料の全額について領収しなければならないことをいう。
ただし、保険料分割払契約などの約定がある場合には、保険料即収の原則は適用されない。
通常、保険期間が無事故で終了した場合、保険料を支払う者はいないはずである(保険料の徴収漏れ)。
また、保険料が支払われないうちに事故などが起きた場合、保険会社では対処することは難しいといえる。
さらに、保険料の徴収漏れが生じた契約について危険負担を行うと、他の契約者の利益が損なわれることになる。
保険料即収の原則は、そのような保険会社側の事情が根拠となっている。

関連用語

契約
「契約」とは、私法上、相対する二者以上の意思表示の…
保険会社
「保険会社」とは、保険業法において内閣総理大臣の免…
保険期間
保険期間とは、保険会社が契約に対して責任を負う期間…
保険契約
「保険契約」とは、保険会社と保険契約者の意思表示の…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
ページトップへ ▲