皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 9:00~21:00
(年末年始を
除く)

無  料プロに相談

【ワクチンの職域接種完了】当社のコロナ対策について

保険市場用語集

法定伝染病・指定伝染病

読み方:ほうていでんせんびょう・していでんせんびょう

特定感染症とは、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に規定されている特定の疾病のことをいう。
特定感染症はさらに、法定伝染病と指定伝染病に分類される。

○法定伝染病(11種類):コレラ・赤痢(疫痢を含む)・腸チフス・パラチフス・発疹チフス・猩紅熱(しょうこうねつ)・ジフテリア・流行性脳脊髄膜炎・ペスト・日本脳炎・痘そう
○指定伝染病(3種類):急性灰白髄炎(ポリオ)・ラッサ熱・腸管出血性大腸菌感染症
感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入・増殖し、毒素を出すことにより、発熱や下痢などの症状を起こすものである。
人から感染するものや、動物や昆虫から感染するもの、食物から感染するものなどがある。
伝染病予防法が廃止される(平成11年3月)以前の約款による、法定伝染病や指定伝染病を原因とする保険給付については、特定感染症に該当するかで判断される。

関連用語

疾病
「病気」や「病」の漢語表現で、内因性のものをイメー…
特定感染症
特定感染症とは、「感染症の予防及び感染症の患者に対…
保険給付
「保険給付」とは、保険契約において、保険金や給付金…
ページトップへ ▲