皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00 
土日祝10:00~18:00
(年末年始を除く)

相談する

保険市場用語集

頭金制度

読み方:あたまきんせいど

頭金制度とは、保険契約時に、保険料の一部を一時払いにする制度をいう。
頭金制度の利用により、毎月の保険料の負担を大きく減らすことが可能となる。
一時払いとは、保障期間全体分の保険料について契約時にまとめて支払う方法のことをいう。
一時払いと同じような言葉に「全期前納(ぜんきぜんのう)」がある。
全期前納も、全ての保険期間分の保険料を契約時にまとめて支払う方法だ。
しかし、全期前納は保険期間の途中で被保険者が死亡した、あるいは保険を解約した場合には、残りの期間の保険料が戻ってくる点で一時払いとは異なる。
全期前納では払い込まれたお金の一部を毎年の保険料に充当しており、残りは預かり金という形で運用されている。
保険の解約や被保険者が死亡した場合には、この預かり金が戻ってくることになる。

関連用語

一時払い
一時払いとは、保険料の払い込み方法の一つであり、保…
解約
解約とは、将来に向かって保険契約を解消することをい…
全期前納
全期前納とは、保険料の払い込み方法の一つであり、保…
被保険者
被保険者とは、保険の対象となっている人のことをいう…
保険
人が生活する上で、将来起こるかもしれないリスク(危…
保険期間
保険期間とは、保険会社が契約に対して責任を負う期間…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
ページトップへ ▲